ヘアサイクルの乱れを引き起こす原因|改善方法とあわせて解説

加齢と共に進行していく薄毛。

最近では中年に限らず、若い人でも薄毛が進行し始めている事も話題になってきました。

今回はそんな若い人に多い薄毛の原因の1つである、ヘアサイクルの乱れに注目して薄毛の対策をご紹介します。

ヘアサイクルについて

まずそもそもヘアサイクルとは何かという疑問を持っている方もいらっしゃると思いますので、ここで詳しく説明いたします。

髪の毛には発毛から成長、そして脱毛という成長のサイクルが存在しています。ヘアサイクルとは正にこれの事です。常に髪の毛は頭から生え続けていると思っている方もいるかもしれませんが、実はある一定の期間を経て生え変わっているのです。

円形脱毛症 広がる

このヘアサイクルには3つの期間が存在し、それぞれ「成長期」「退行期」「休止期」と名付けられています。それでは1つ1つの期間についてご説明いたします。

発毛から成長までの期間「成長期」

「成長期」は読んで字のごとく、髪の毛が生え始めてから成長していく期間の事です。毛母細胞という髪の毛の大元である細胞が活発に細胞分裂している機関で、ヘアサイクルの3つの期間の中では最も長い期間となります。個人差はありますが一般的に2年から5年と言われていて、髪の毛の全体の80%~90%はこの期間にいる事になります

髪の毛は大体1ヶ月で1cmほど伸びると言われていますよね。それはこの成長期の期間での話になります。

成長が完全に止まる「退行期」

成長期では毛母細胞が細胞分裂を活発に行っていましたが、「退行期」ではその活動が弱まり、最終的には完全に止まります。その移行期間がこの「退行期」であり、期間は約2~3週間と言われています。

この期間は3つのヘアサイクルの中でも最も短いため、髪の毛全体の1%程度だけと言われています。

脱毛から発毛への準備期間「休止期」

毛母細胞の細胞分裂が完全に止まり、次の髪の毛が生えてくるように準備をするのがこの「休止期」となります。準備と言うのは新しい髪の毛が生えてくるのを邪魔しないように、頭皮の表面に向かって移動していく事です。これによって新しい髪の毛が生えてくる時には下から押し出される形で髪の毛が抜け落ちます。

期間としては2~4ヶ月、髪の毛全体の10%~15%と言われています。この期間の特に最後の方では、頭を少し撫でるだけで髪の毛が抜けてしまう事もあります。

ヘアサイクルが乱れるその原因は?

最初に薄毛の原因としてヘアサイクルの乱れがあると話しましたが、そもそもヘアサイクルが乱れるとはどういう事か分かりますか。

先ほど「成長期」「退行期」「休止期」の3つの期間があるとお話ししましたよね。全体の期間が大体4年~6年と言われているヘアサイクルですが、これが乱れるというのは「成長期」の期間が短くなる事を指します

ヘアサイクルの中でも最も長い期間であり、そして髪の毛のほとんどがこの期間にあるため、この期間が短くなるとそれだけ髪の毛が少なく見えてしまうのです。これがヘアサイクルの乱れからくる薄毛という事になります。

ではそのヘアサイクルの乱れを起こす原因とは何でしょうか。良く言われるのはストレスですよね。ストレスを多く抱えていると髪の毛が抜けやすくなると言うのは1度は聞いた事があると思いますが、これもヘアサイクルの乱れを作っている原因の1つです。

しかし他にも原因は多数存在し、食事のバランスだったり、睡眠時間だったり、また遺伝で薄毛になりやすい体質が受け継がれていたりと、生活習慣から体質までヘアサイクルの乱れは非常に多くの原因から起こります。

何故こんなにヘアサイクルの乱れを起こす原因があるのかと言うと、これらの多くには共通して起こる症状があるからなんです。それが血行不良です。

髪の毛も成長するわけですから、当然ですが成長するためには栄養が必要となってきます。その栄養が送っているのは血液です。だから血行が悪くなると、髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなり、結果的に成長期の期間が短くなって薄毛になっていくのです。

ストレスにしろ過度な飲酒や喫煙にしろ、血行不良になる原因と言うのが多くあるため、ヘアサイクルの乱れの原因も多く存在する事になるのです。

ヘアサイクルの改善

ヘアサイクルの乱れの原因が多くあって、そしてそれら全てを改善しようとすると非常に大変です。ヘアサイクルを正そうとして無理をしてストレスを感じてしまっては本末転倒ですので、ここでは特に効果的である、ヘアサイクルに直結しやすい原因に対する改善をご紹介します。

一番髪の毛の健康に直結しやすい食事

ヘアサイクルの乱れを引き起こしやすい一番の原因は食事です。偏った食事や食事のタイミングが不規則な場合は薄毛になりやすいです。

先ほど髪の毛に栄養を送るのは血液であると話しました。その栄養の多くは食事から摂る事になるため、仮に血行が良い状態だったとしても食事で必要な栄養素を摂取していなければやはり同じようにヘアサイクルが乱れる事となります。

髪の毛の成長に欠かせない栄養素としてはタンパク質ビタミン亜鉛の3つが存在しています。タンパク質は髪の毛の主成分として必要ですし、ビタミンや亜鉛は髪の毛を生成するための活動に役立っています。

対策として一番気を付けるべき栄養素は亜鉛です。これは一般的な生活を送っている方でも不足しやすい栄養の1つとして知られているほどに不足しやすいのです。というのも亜鉛が多く含まれている食材はレバー牡蠣という、毎日食す事がほとんどない食べ物ばかりだからです。サプリメントでの摂取を勧める事も多いほど、普段の食事では十分に補給できないのです。

食事でヘアサイクルの改善を目指す場合はこの3つの栄養素に注目して食生活を改善するようにしましょう。お勧めは豆腐などの大豆食品ですので、毎日納豆や豆腐の味噌汁を食べる所から始めてみましょう。もちろんこれら3つの栄養に偏るのもダメですので、摂り過ぎには注意しましょう。

血行不良の原因の多くは生活習慣

生活習慣と言うとかなり幅が広く具体的には何をすればいいのと疑問に思いますよね。睡眠や運動、それから飲酒と喫煙のバランス、この辺りが生活習慣として気を付けるべき点になります。

飲酒と喫煙に関しては人によっては習慣化されていない事も多いので、ここでは睡眠と運動の対策をメインで紹介します。

まず睡眠ですが、これは睡眠時間が短いのも原因となりやすいですが、それ以外にも注意すべき点があります。まず1つ目は寝る時間です。どれだけ長い間寝たかという事ではなく、どの時間に寝ているかという事です。体の中の成長ホルモンは基本的に午後10時から午前2時の間に多く分泌されると言われていますので、この時間に寝ておく事で髪の毛の成長をサポートできるわけです。

それから熟睡できているかが2つ目のポイントになります。例えば寝る前にテレビやパソコン、スマホの光を見たりしていませんか。これらの光は睡眠を阻害するとされていて、熟睡できない原因として近年特に注目されています。寝る30分前にはこれらの光を浴びないようにしましょう。

それから運動ですが、当然運動不足になると筋肉が固まって血行不良を引き起こしやすいです。何かスポーツをやる必要はありません。朝や寝る前にストレッチを少しやるだけでも変わってきますので、運動の習慣がない人はまずはストレッチを習慣化していきましょう。

頭皮に直接関係するシャンプー

ヘアサイクルの乱れを起こす原因として、最も直接的と言えるのがシャンプーでしょう。頭皮や髪の毛に直接働きかける要素ですし、特に頭皮はデリケートのため、肌の性質とシャンプーとの相性が悪いと薄毛になりやすくなってしまいます。そうでなくとも洗い残したシャンプーの成分が毛穴に詰まってしまうケースで薄毛を引き起こす事もあります。

  • 髪の毛を洗う時は原液を直接かけず、まずは手のひらで泡立ててから洗う
  • しっかりとお湯で洗い流す
  • お風呂上りにはすぐにドライヤーなどで乾かす

この3点が特に注意すべき点になります。

ヘアサイクルの改善方法はいくつもあって、他にも頭皮マッサージをしたり、育毛剤を使ったりというのも効果的です。なのでここで紹介した3つの方法でも薄毛が治らないとしても悲観せず、様々な方法を見付けて試してみてください。

まとめ

  • ヘアサイクルには3つの期間が存在し、それぞれ「成長期」「退行期」「休止期」と名付けられている。
  • ヘアサイクルの乱れを起こす原因には複数の事が考えられるが、共通して起こる症状が血行不良。
  • 食事、生活習慣、正しいシャンプーの仕方などが改善の鍵。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です