若ハゲ対策を原因別に解説|効果を感じないときはクリニックを受診

まだ学生なのに髪の毛が薄くなってきた。まだ20代なのに先輩社員よりもはげが目立つ。

このように若はげに悩まされている方も少なくないと思います。そこで今回は若はげに関する基本情報をお届けすると共に、どうすれば若はげを阻止できるのか、そういった対策もご紹介いたします。

自分はまだ若いから大丈夫と思わず、早めにはげの対策をしておきましょう。男性の方は特に対策をしないでいると若はげになりやすくなってしまいますよ。

何歳までが若はげなの?

そもそも若はげって何歳までの薄毛を指す言葉なのか、ちょっと疑問に持った方もいるかと思います。

厳密な定義はそもそもありません。何故なら若はげ自体がすでに厳密な言葉ではありませんから。若はげは若年性脱毛症の通称であり、しかもこの若年性脱毛症もAGA(男性型脱毛症)が若い内に発症する事を指す言葉です。

なので線引きをするとなると、このAGAが本来ならいつ頃発症するのかというのが重要になってきます。男性の場合は薄毛や脱毛というのは避けて通れない事の方が多いです。これは髪の毛の健康維持には女性ホルモンが必要だからです。男性は年齢と共にこの女性ホルモンが減り、男性ホルモンの割合が増えることで脱毛が始まっていきます。これは一般的に30代後半からと言われています。

つまり若はげは30代までにはげ始めている場合を指すと考えて良いでしょう。10代や20代の頃から薄毛が目立つようであれば、間違いなく若はげに分類されることを覚えておきましょう。

若はげの原因

先ほども説明したように、若はげというのはAGAが若い内から発症する場合のことで、原因もAGAと重なる部分が多いです。先ほど説明したホルモンバランスの偏りももちろん若はげの原因の1つになります。しかし若はげはそれ以外の、むしろ若い時だからこその行動によって起こる脱毛症でもあります。ホルモンバランスの乱れを引き起こす原因もあれば、また別の原因から起こりうるのです。

1番多いのが遺伝です。母方の祖父が若はげだったりすると可能性が非常に高まります。これは遺伝子的に髪の毛に関する情報が母方から受け継がれるからです。ただ覚えておいて欲しいのは若はげそのものが遺伝するわけではなく、若はげになりやすい体質が受け継がれるだけです。全く対処法がないということではないので、祖父が若はげだったとしても気を落とさないでください。

若はげ 対策

2つ目は食生活の乱れです。髪の毛はタンパク質亜鉛ビタミンBなどの栄養素で生成されるのです。当然ながら食事から得られる栄養素でこれらが不足していれば、髪の毛の成長が止まってしまい、抜けやすくなります。毎日のようにジャンクフードを食べてばかりでいると、これらの栄養素が摂取できないだけでなく、髪の毛に直接害のある成分まで摂取してしまいます。脂っこいものや甘いものばかり食べている人は特に注意しましょう。

3つ目は頭皮ケアを怠っている人です。多くの人は毎日お風呂に入って頭を洗っていると思いますが、この時のシャンプーの成分、それからシャンプーの使い方次第では抜け毛の原因となる可能性があります。それから若い人の場合1番気を付けたいのがカラーパーマです。これらは基本的に髪の毛に悪影響を及ぼす成分が使われています。定期的に、しかも狭い間隔で利用している方は髪へのダメージが蓄積されて抜けやすくなっている事でしょう。髪の毛の健康はこういった部分でも悪くなるのです。

3つほど若はげの原因を取り上げましたが、若はげの原因はこれ以外にも多くあり、そのほとんどが生活習慣と関わっています。若い内から不規則な生活をするのは健康にも髪の毛にも悪いので、生活習慣を見直して頭皮や髪の毛だけでなく、全身から健康にしておきましょう。

若はげの対策

それではここからは実際に若はげの対策を紹介いたします。

若はげ 対策

まず1つ目は遺伝的原因に対する対策です。遺伝では対策のしようがないと思いがちですが、先ほども説明したように「若はげになる」というのが遺伝するのではなく、「若はげになりやすい体質」が遺伝されるだけです。このなりやすい体質について1度詳しく説明します。まず男性ホルモンのテストステロン5αリダクターゼという酵素が結びついて、DHT(ジヒドロテストステロン)という脱毛物質ができます。これがAGAなどの脱毛症の主な原因であり、遺伝で受け継がれるのはこの内、5αリダクターゼとDHTの働きです。この酵素と脱毛物質が活発に動く点が遺伝されるのです。つまりこれらの成分の動きを阻害すれば、若はげの対策になるわけです。

具体的にはシャンプーに含まれる成分で阻害していきます。5αリダクターゼという酵素の阻害をしてくれる成分は「アロエエキス」、「オウゴンエキス」、「ノコギリヤシエキス」で、DHTの阻害をしてくれる成分は「イソフラボン」、「ホップエキス」、「モモ葉エキス」となっています。ぜひこれらの成分が含まれているシャンプーで、若はげの対策をしてみてください

2つ目の食生活に対する対策ですが、これはタンパク質ビタミンB亜鉛を摂取するように心がけるだけです。これらが髪の毛を生成する上で必要な栄養素ですから。色んな食品を満遍なく食べるのを推奨しますが、亜鉛が特に不足しがちな栄養素として有名ですので、これを重点的に増やすようにすると良いでしょう。お勧めは大豆製品です。タンパク質と一緒に亜鉛も取れるので一石二鳥です。納豆や豆腐の味噌汁を毎日の食事に取り入れるだけでもかなり変わりますよ。

3つ目は正しい頭の洗い方です。シャンプーを使う時はまず手でしっかりと泡立ててから。爪でガリガリ引っ掻かないで指の腹で揉むようにして、洗い残しがないようにしっかりとすすぎます。そしてお風呂から出たらすぐに水分をタオルで拭き取り、ドライヤーで乾かしましょう。当たり前の事だと思いがちですが、意外とできていない人も多いです。特にドライヤーを使わないで自然乾燥ばかりしている人は要注意ですよ。

>> AGAに効果アリなシャンプーについてはこちら
>> 若はげ予防のための正しいシャンプーの仕方はこちら

クリニックでの治療も検討してみよう

若はげ 対策

さてこれまでに説明した対策は個人でできるものです。ただこれらは対策法として確実性があるかと言われるとそこまでありません。人によって効果がある人もいれば、無い人もいるでしょう。その違いは主に原因が違う場合があります。

例えば若はげだと思っていた頭頂部のはげが、実は円形脱毛症によるものだったというのがあり得ます。若い方の場合は若はげよりも円形脱毛症になる可能性の方が高いですから。この場合はAGAではありませんので、円形脱毛症用に別の対策を考える必要があります

このような間違いが起こらないようにするためにも、まずは専門のクリニックで診てもらうのをお勧めします。カウンセリングで対応が良いと思ったらそのまま治療するのも有りです。これまでに紹介した対策よりも、さらに若はげを治すのに特化した治療法で治してくれることもあります。

薄毛や脱毛症に対する治療法も日々研究されていて、最近では外国の新技術を取り入れているクリニックも多くなってきているほどです。薄毛対策専門のクリニックすらあるほどです。場所によってはカウンセリングまでは無料で行っている場所もありますので、1度相談に行ってみましょう。

若はげは近年増加傾向にあるので、恥ずかしがらずに医師の方に相談して若はげに悩まされる日々から卒業しましょう。

まとめ

  • 30代までにはげ始めていたら若はげの可能性が高い。
  • 若はげの原因毎に対策も異なるので、自分に合った対策を取ること。
  • 自己流で改善が見られないなら専門のクリニックでカウンセリングを受けることをおすすめします。

 

20代から抜け毛となる人が多い?若ハゲの対策とは(関連記事)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です