自分に合った育毛方法が知りたい!育毛を成功させるための秘訣とは

気になる抜け毛や薄毛をどうにかしたいとき、まず思いつくのが「育毛剤」です。ですが、育毛剤といってもさまざまな種類がありますし、育毛サロンや育毛サプリなどの方法もあります。

育毛を成功させるためには、自分の抜け毛や薄毛の原因や体質、生活習慣に合わせて適切な育毛方法を選ぶことが大切です。

育毛剤とは?

育毛を始めようと思ったとき、まず思いつくのが「育毛剤」ではないでしょうか。でも、育毛剤にはたくさんの製品があってどれにしたらいいか迷ってしまいますよね。実は育毛剤は大きく5つのタイプに分けることができます。自分の薄毛や抜け毛の症状、体質、生活習慣に合わせて使い分けると良いでしょう。

DHTの生成を抑制するもの

男性の薄毛はそのほとんどがAGA、つまり男性型脱毛症が原因だと言われています。AGAの原因は、男性ホルモンであるテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変化して、発毛を抑制してしまうことによります。テストステロンは5aリダクターゼという酵素と結びつくことでDHTとなるので、5aリダクターゼを抑制すればAGAによる薄毛を改善できると考えられます。その効果がある代表的な成分がフィナステリドです。フィナステリドを含む育毛剤は、このタイプの薄毛に効果があると言えます。

ジヒドロテストステロンと薄毛の関係|抑制方法とあわせて解説(関連記事)

血行を促進するもの

肩や首のこりが気になるとか、冷え性の場合は、血行不良が薄毛や抜け毛の一因になっていると考えられます。頭皮の血行が悪いと髪の毛の元となる毛母細胞の働きが衰え、元気のない髪の毛になってしまいます。頭皮を柔らかくしたり、血行をよくする育毛剤が効果的です。ミノキシジルという成分は毛細血管を拡張して血行を良くすることで、頭皮にしっかり栄養を届けます。

頭皮の血行不良が育毛を妨げていた?!原因と改善法とは(関連記事)

栄養を補給して毛母細胞を活性化するもの

髪の毛は、毛穴の奥にある毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで成長します。この毛母細胞が分裂して髪の毛になるためには、ビタミンや亜鉛、システインなどの栄養素が欠かせません。そのため、偏った食事によって栄養が不足すると髪の元気もなくなってしまうのです。育毛剤の中には、これらの必要な栄養を直接補給するタイプのものがあります。もしくは、栄養補給目的の育毛シャンプーや育毛サプリメントもおすすめです。

皮脂の分泌を抑えるもの

男性に多い薄毛の原因としては、AGAの他にも過剰な皮脂分泌が考えられます。皮脂や皮脂によるフケが毛穴を塞いでしまうと、髪の毛が成長できません。脂性肌の人は、皮脂分泌を抑えたり、頭皮を清潔にする働きのある育毛剤や育毛シャンプーが適しています。

頭皮を保湿するもの

女性の薄毛や抜け毛に多いのが、乾燥によるものです。頭皮の乾燥によるフケが毛穴をふさいでしまうことで、髪の毛が成長しにくくなります。こういった方は頭皮を保湿する効果のある育毛剤がおすすめです。例えばイチョウ葉エキス、海藻エキスを配合しているものが良いでしょう。頭皮が充分に保湿されることで髪が健康に成長しやすくなります。

育毛剤の副作用とは

育毛剤の種類によっては副作用を起こす場合があるので注意が必要です。例えば、AGAに効果のあるフィナステリドを含む治療薬にプロペシアがありますが、プロペシアは胃の不快感や性欲減退を発症することがあるそうです。プロペシアの副作用は軽度で、何も感じない人も多いのであまり心配はいらないようですが、念のため注意しておきましょう。

また、もう1つ注意したいのがミノキシジルです。ミノキシジルは血管を拡張させて血行を促進しますが、それによってめまいや頭痛、吐き気を感じることあるようです。

この他の育毛剤でも、人によっては頭皮にかゆみや炎症を起こす場合もあります。もし痛みや不快な症状、肌に合わないと感じた場合は使用を辞め、医師に相談するようにしましょう。

育毛に効果的とされる薬って?副作用とかないの?(関連記事)

育毛サロンとは?

薄毛や抜け毛の対策として、「育毛サロン」という選択肢もあります。育毛サロンは「頭皮の環境を整え、育毛剤の効果を最大限に引き出す」サービスを受けられる場所と言えるでしょう。自分で購入して使用できる育毛剤は数多くありますが、きちんとした効果を出すには正しい使い方はもちろん、頭皮のケアも重要になります。

クリニックではありませんが、専門の知識やテクニックで、より効果的に薄毛、抜け毛へのアプローチができるのが育毛サロンです。具体的なサービスはサロンによってさまざまですが、例えば以下のようなメニューを受けることができます。

  1. カウンセリング…まず初めにカウンセリングを行います。頭皮や髪に関する悩み、生活習慣などを聞きながら状況に応じ、一人一人に合う施術を決めていきます。
  2. 頭皮洗浄…カウンセリングの内容、髪や頭皮の状態に合わせたシャンプーを使って頭皮を洗浄します。自宅でシャンプーするだけでは落としきれない、頭皮や毛穴に溜まった汚れをキレイに落とせるので、頭皮環境の改善につながります。抜け毛の数を確認して、ヘアサイクルの乱れもチェックできます。
  3. マッサージ…薄毛や抜け毛の予防改善には、頭皮の血行をよくすることも重要です。マッサージによって血流をよくすることで、髪にとって必要な栄養素が届きやすくなります。また、マッサージの心地よさでリラックスできることも頭皮や髪にとって嬉しい効果です。
  4. スチーム…頭皮、髪全体にスチームをあてて蒸らします。毛穴に詰まった汚れ、皮脂を取り除くことでさらに頭皮を清潔にし、その後に使うオイルや育毛剤などの栄養を浸透しやすくします。血行促進とリラックス効果も期待できるでしょう

サプリと併せて取り入れたい習慣

簡単にできる育毛の方法としてはもう1つ、育毛サプリが挙げられます。育毛サプリは、髪の成長や健康な頭皮環境の維持のために必要な栄養素を手軽に摂れるのがメリットです。

特に亜鉛は髪の生成に欠かせないですが、普段の食事の中では摂取しにくい栄養素。サプリなら簡単に補給できます。ですが、ただ育毛サプリを飲めば髪が健康になるかと言えばそんなことはありません。サプリの効果を最大限に引き出すために、すぐできることがあります。

睡眠

育毛と睡眠は切っても切り離せない関係です。髪の毛が一番成長するのも、昼の間に髪に受けたダメージを修復するのも睡眠中のことだからです。いくら育毛サプリを毎日飲み続けたとしても、睡眠をしなければ髪の健康を維持することはできません。また、ただ睡眠時間を確保するだけではなく、眠っている時間も重要です。

成長ホルモンが多く分泌され新陳代謝が最も活発になるのは、夜の10時~2時の間の4時間です。この間に眠りについていることで、より強く健康な髪を育てることにつながります。

マッサージ

育毛サプリを摂るなら合わせて習慣にしたいのが頭皮のマッサージです。マッサージによって頭皮の血行がよくなれば、サプリで摂り入れた栄養素が頭皮に届きやすくなります。

指の腹を使って、頭皮をやさしくもみほぐすようにマッサージすればOKです。爪を立てたり、力を入れすぎると頭皮に余計な負担を与えてしまうので注意しましょう。

運動

適度な運動も育毛のためには取り入れたい習慣の1つです。運動不足からくる血行不良が薄毛や抜け毛の原因になることがあるからです。運動して全身の筋肉を動かすことで血液の流れがよくなれば、マッサージと同じく育毛サプリの栄養を頭皮に届きやすくなるでしょう。

また、ストレスも薄毛や抜け毛と関係しますが、適度に体を動かすことはストレス解消にも効果が期待できます。

 

生活習慣が育毛に影響してる?生活習慣の落とし穴7つ!(関連記事)

まとめ

  • 育毛剤は大きく5つのタイプ。自分の薄毛や抜け毛の症状、体質、生活習慣に合わせて使い分ける。
  • 育毛サロンは「頭皮の環境を整え、育毛剤の効果を最大限に引き出す」サービスを受けられる場所。
  • 育毛サプリは、髪の成長や健康な頭皮環境の維持のために必要な栄養素を手軽に摂れるのがメリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です