加齢が薄毛に与える影響|年齢別に取り組みたい対策も紹介

年齢を重ねるにつれ、なんだか髪の元気がない・・・・。ボリュームも少なくなったなんて方は多いはず。男性の体毛や髪は20代をピークに60歳を過ぎたあたりから薄くなっていきます。これは老化による細胞の働きの低下が原因です。

しかしながら、進行を遅らせることは可能です。また、最近では、若い世代の薄毛も多いようです。
今回は、年齢による毛髪の変化や対策についてみていくことにしましょう。

年齢による毛髪の変化

髪の本数はお腹の中にいる胎児のときにすでに決まっていて約7万本~10万本とされていますがこの数は増やすことはできません。

そして髪にはヘアサイクルというものがあります。
ある程度まで成長した髪は2~6年の周期で抜け、また新しい髪に生まれ変わります。髪は1日に0.3㎜~0.5㎜。1ヶ月に約1.2㎝。1年で約15㎝伸びます。このヘアサイクルは、1本1本時期がずれていて本来は1度にまとめて抜けることはありません。

ヘアサイクルには、成長期、退行期、休止期の3種類があります。

成長期とはその名のとおり髪が伸びる時期のことです。この時期が長ければその分髪も長く成長し太くなる傾向があるといわれていて2~5年かかります。
次に退行期とは、髪の毛の成長が止まる時期のことでその期間は2~3週間といわれています。

そのあとに休止期がやってきます。これは数ヶ月かかるのですが、今度は抜け落ちる準備をし始めます。毛根の位置が浅くなって毛穴の奥にある新しい髪の毛に押し出されるような形で自然に抜け落ちていくのです。

加齢薄毛

加齢薄毛

若い頃には、髪全体の90%が成長期の段階で次から次へと髪が成長していきます。しかし年齢を重ねるにつれて成長期の髪の数が減ることで、ボリュームダウンや薄毛が出てきます。若いころと同じような髪の量を保つには良い状態を維持することが大切なのですね。

年齢によって違う薄毛の種類

上記で説明したように年齢を重ねると誰しもが髪が元気ない・・・ボリュームが減ったと思うことがほとんどですが若いうちから薄毛に悩んでいる方も多いようです。それでは。年齢による薄毛の種類についてみていくことにしましょう。

●若年性脱毛症

30代以下の方を指します。本来、脱毛がはじまる年齢ではない青少年に起こる症状をまとめて若年性脱毛症と呼びます。脱毛の原因もさまざまでいくつかの要因が複合していることも少なくありませんが、そのほとんどが遺伝によるものだといわれています。

しかしながら、内蔵系の疾患などの病気にかかっている場合もありますので自己判断は危険です。
思春期以降に始まり進行していきます。額の生え際、頭頂部、両方から薄くなる人もいます。

●壮年性脱毛症

40歳以上の青壮年を指し、男性型脱毛症あるいは、若はげなどと呼ばれることがありますが女性にも発症します。上記で説明したヘアサイクルの「成長期」が短くなり、毛包(毛根を包んでいる部分のこと)が小さく、毛は細くなるのが特徴です。

しかしながら、髭や胸毛は男性ホルモンにより成長が促され、太くかたくなります。
成長期に十分成長できずに毛髪が抜けてしまうのですが、これは男性ホルモンが影響しているといわれています。

●老人性脱毛症

名前のとおり60歳以上の人を指します。老化現象の一つで、細胞の活動が低下して起こります。60代前後以降に数多くの人が経験します。老人性脱毛症の特徴としては、薄毛のほかにメラニン色素が正常に行われなくなることでできる白髪の増加です。

学生でもできる薄毛の対策方法

年齢別の薄毛の種類についてみてきましたが、若年性脱毛症については特になんとかしたいと思いますよね。まだ若いし、これからパートナーだって欲しい。まだ諦めるなんてできません。そんなまだまだ若くてあまりお金もかけられない人たちにもできる対策方法をご紹介します。

●規則正しい生活を心がける

学生ほど、生活リズムが不規則な時期はないと思います。夜は、友達と出かけて朝方に帰ってくる、昼まで爆睡。外食も増え肥満気味・・・。だって今しかできないんだもの・・・。そうです。でもこれって薄毛に拍車をかけてますよ。

まずは、夜しっかり寝て朝早起きすることから始めましょう。髪の成長は22時から2時の間です。できればこの時間は布団で休んでいることが良いといわれています。それから野菜はちゃんと食べていますか??ファーストフードやジャンクフードばかりではありませんか??髪の毛に必要な栄養素はたくさんあります。

できればバランスのとれた食事をとることが1番です。しかしなかなか難しいのもまた事実。まずは野菜を積極的に摂ることを意識して、ファーストフードやジャンクフードの摂取を控えることを心がけましょう。

加齢薄毛画像

●ストレスを上手に発散する

学生が1番楽しい時期。時間もたくさんあって勉強も恋愛も遊びもどれも一生懸命に取り組める時期・・・。今がいい時よねなんて近所のおばさんたちは言うけれど、大学生だって悩むしストレスもたまる。ストレスは貯めずに上手に発散しましょう。

スポーツをするのがお勧めですが、難しい人はお散歩に出てみるなんてのも気分転換になっていいですよ。

●ヘアカラーと奇抜なヘアスタイル

学生の時期はいろんな髪型やカラーに挑戦したいもの。高校までの厳しい時期から解放され、社会人になるまでに今のうちだとやりたい気持ちはわかりますが、ブリーチや剃りこみは頭皮にかなりのダメージがかかります。どうしてもやりたい場合は美容院で頭皮の負担が少ないものにしてもらうなどしましょう。

●洗髪方法

頭皮に1番悪いのが洗い残し。シャンプーはしっかり手で泡立ててから頭に載せましょう。そして爪はたてずに優しく洗いましょう。この時、頭皮マッサージも一緒に行うとなお良いですね。指の腹で後頚部、後頭部、頭頂部の順に側等部や、髪の生え際も忘れずに行いましょう。

リンスやコンディショナーは、毛先にちょっとつけるだけでよいです。そしてシャワーで1~2分しっかり洗い流しましょう。そして、たまには美容院などでヘッドスパもお勧めです。血行促進されるだけでなく毛根の汚れもとってくれますし、なんといっても気持ちよくて気分もリフレッシュされますよ。

●病院で無料相談

専門のクリニックでは相談無料って知っていましたか??薄毛の原因は人それぞれ。そしてやはり早めの対策が1番です。頭皮の状態や年齢に合わせた対処方法を教えてくれます。1度相談してみるのも良いですね。

年齢に関係なく薄毛対策

若年性の脱毛症についてみてきましたが、他の年齢の方たちの対策についても触れたいと思います。基本的には上記のことも実践して頂くといよいと思いますがその他にも見ていくことにしましょう。

●禁煙する、飲みすぎない

煙草に含まれるニコチンは血管を収縮します。そのことで血行が悪くなり抜け毛の原因となります。お酒を飲みすぎると、体内に必要なタンパク質が不足します。そうすると、髪の毛の成長を抑制する恐れがあるといわれています。

●育毛剤、養毛剤、発毛剤を使用してみる

最近は、色々な種類の薬が出ています。ドラッグストアにもたくさんの商品が並んでいますね。自分の目的に合った薬剤を使用するようにしましょう。

●植毛する

植毛は自毛と人工毛の2種類があります。地毛の場合は、後頭部の毛髪組織を薄毛部分に移植し定着させる手術を行います。1度植毛すれば半永久的に効果が持続されるといわれています。

しかし思い通りの結果が出るまでに時間がかかったりメスを使う手術法などでは傷跡が残る場合もあります。
人工毛は人工のグラフトを移植するので毛量の少ない人でも安心です。

量を調節できるので最初からイメージ通りの仕上がりになります。手術時間も短くコストも安価です。しかしながら1年のうちに半分くらいは抜けてしまうので何度もメンテナンスをする必要があり結果的には高額になることも。根元部分からの炎症などトラブルも考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です