パントガールの効果を徹底解説!女性にオススメの薄毛治療薬

薄毛や抜け毛というのは男性特有の物だと思ってたのに、女性の自分が薄毛になってショックを受けた方も多いのではないでしょうか。

近年増え始めている女性の薄毛、これまでは薄毛と言えば男性という事で女性用の治療法がなかったのですが、遂にパントガールという女性の薄毛専用の治療薬が誕生しました。

今回はそんな薄毛で悩む女性の味方のパントガールに関して詳しくご説明いたします。

パントガールの育毛効果とは?

パントガールはびまん性脱毛症(女性型脱毛症)や出産後に起こる薄毛、分娩後脱毛症を治す為に作られた、女性の薄毛のための治療薬です。これらの症状を改善すべく、特別な構造のアミノ酸タンパク質ビタミンB群が配合されています。パントガールに含まれている栄養は全て髪の毛の健康維持に不可欠な物なので、薄毛や脱毛にも効果があるのです

パントガール
実際にパントガールを利用して薄毛が改善されたという口コミがありますのでご紹介いたします。

20代で出産したら、髪の毛が抜けてしまいました。産後脱毛とのことで、最初は気にしていなかったんです。しかし、状況はあまり良くなりませんでした。出産してからしばらくたっても薄くなったままなのです。産後脱毛対策として利用し始めましたが、出産から2年ほど立ち髪の毛の量は元(出産前)に戻りました。

引用元:今からできる薄毛対策|まずは原因を知ろう

このように出産後の薄毛に対してかなり効果を発揮してくれるようです。

髪の毛が薄くなってしまってどうしようも無くなってしまったので、パントガールの利用をしてみました。飲み始めて感じたのが、手触りやコシです。今までとはまったく違った感触になりました。髪の毛に元気が出てきた気がします。

引用元:今からできる薄毛対策|まずは原因を知ろう

パントガールは発毛効果もありますが、最初に説明したように髪の毛に必要な栄養を摂取できるので、この口コミのように育毛としての効果も期待できます。

女性も年齢と共に薄毛が進行するケースがあり、また出産後に薄毛になるケースもあります。この2点においてはパントガールでの治療が非常に効果的とされていますので、ぜひ1度試してみてください。

パントガールの育毛効果は臨床試験で認められている

口コミで評判が良くても本当に効くか疑問を抱いている方はいるはずです。気持ちはわかりますが、あまり心配しすぎる必要はないかもしれません。

パントガールの製造元であるドイツのMerz Pharmaceuticals社が行った臨床試験で、3カ月の使用により約7割の方の抜け毛が減少することが確かめられているからです。また、そのうちの2割の方で、抜け毛がほとんどない状態まで改善することも確かめられています。

全ての方で効果を実感できるわけではありませんが、女性の薄毛に有効な治療薬ということが出来るでしょう。

パントガールが有効な女性の薄毛

ただし、あらゆる薄毛や脱毛症に有効というわけではありません。パントガールは、びまん性脱毛症や分娩後脱毛症に有効な治療薬と考えられています。これらはどのような脱毛症なのでしょうか。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症に明確な定義はありませんが、一般的には薄毛が頭部全体に広がっている脱毛症のことを指します。女性の男性型脱毛症と同じ意味で用いられることもあります。

症状の特徴は、髪の毛が弱々しくなること。この影響で、髪の毛のボリュームがダウンする、分け目が広がるなどを実感します。症状が進行すると、頭皮が透けて見えることもあります。ただし、男性型脱毛症のように生え際が後退する、頭頂部の頭皮が完全に露出するなどの症状が現れることはほとんどありません。基本的に、男性型脱毛症に比べ症状は穏やかと考えられています。

原因

女性のびまん性脱毛症の原因の一つといわれているのが女性ホルモンです。女性ホルモンのひとつエストロゲンには、髪を健やかに育てる働きなどがあります。何かしらの原因で分泌量が減ると、薄毛になるリスクが高まるとされています。

大きな影響を与えると考えられているのが年齢です。女性ホルモンの分泌量は加齢とともに減少します。具体的には、30代半ばごろから減少し始め、更年期に入るとさらに減少し、閉経後はほとんど分泌されなくなります。この影響で、40代半ばごろから薄毛に悩まされる女性が増えると考えられているのです。

女性のびまん性脱毛症には、女性ホルモン以外も関わっていると考えられています。具体的には、以下の原因などが挙げられます。

・食生活の乱れ
髪の毛の成長には、タンパク質やビタミン、ミネラルなどが必要です。これらの栄養は食事から補われます。食生活が乱れると、髪の毛の成長に必要な栄養が不足することがあります。栄養が不足すると髪の毛の成長は滞ります。過度なダイエットに取り組む女性に多い薄毛の原因です。

・ストレス
過度なストレスは自律神経を乱します。これにより、ホルモンバランスが乱れやすくなるとともに血管は収縮します。頭皮の血管が収縮すると、髪の毛の成長に必要な栄養や酸素などを届けにくくなるので薄毛のリスクは高まります。

・間違えたヘアケア
間違えたヘアケアは頭皮環境を悪化させます。女性が注意したい間違えたヘアケアが、髪の毛の洗いすぎです。必要な皮脂まで洗い流すと、頭皮の乾燥や炎症などにより抜け毛が引き起こされることもあります。

以上の原因などによって、女性びまん性脱毛症は引き起こされると考えられています。

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症は、出産後に引き起こされる脱毛症です。出産2~3カ月後に現れることが多いようです。出産後、抜け毛が増えたと感じている方は注意が必要です。

原因

分娩後脱毛症の原因は、出産により女性ホルモンのバランスが変化することです。

妊娠すると赤ちゃんを健やかに育てるため女性ホルモンの分泌は増えます。エストロゲンの分泌が増えると、本来であれば抜け落ちるはずの髪の毛がそのまま生え続けます。出産によりエストロゲンの分泌が減ると、エストロゲンにより維持されていた髪の毛が一斉に抜け落ちます。

基本的には、産後1年~1年半程度で元に戻りますが、栄養バランスが乱れている、ストレスがかかっているなどにより元に戻らないこともあります。

女性の脱毛症に有効なパントガール

パントガールはこれらの脱毛症に有効です。症状などに心当たりがある方は検討するとよいかもしれません。女性の脱毛症と男性の脱毛症は原因が異なるので、女性の脱毛症に適した治療薬を選ぶことが重要です。びまん性脱毛症などにお悩みの方は、パントガールの服用を検討すると良いでしょう。

パントガールで治療を行うメリット

パントガールによる薄毛や抜け毛への効果が良く分かったかと思います。では次にパントガールで治療を行うメリットについて詳しくご説明いたします。

まずは何と言っても副作用がないと言う点がメリットです。他の治療薬ではやはり副作用が多く確認されていますし、今までは女性の薄毛に対して行える治療が少なく、副作用があるとしてもその治療法をする必要がありました。しかしパントガールには副作用が存在しないため、そういった心配をする必要がありません。

また他の治療法と併用できるのも特徴的です。パントガールは服用する事で髪の毛の健康に必要なアミノ酸やビタミンBを摂取し、体の内から脱毛を阻止していきます。なので並行して育毛剤などの外用薬を利用する事も可能です。このように治療を並行して行う事でより薄毛の進行が止まった、髪の毛が前より太くボリュームが出たと言うケースもあります。

そして従来の治療法よりも安い点もメリットの1つです。これまで女性の薄毛治療となると、頭皮に直接薬剤を注入する治療法がありましたが、こちらは継続して行うと総額100万円を超える事も珍しくありませんでした。手術後の経過によっては治療を長期的に行う、または薬の量を増やす事もあってさらに高い治療費が必要になることもありました。しかしパントガールは1日に服用する量が決まっていますので、1ヶ月の薬代もまず変化する事はありませんし、当然手術よりも安くなっています。また薬を処方してもらって服用するだけなので、手術で長時間拘束されるという煩わしさもないので、治療が長続きしやすいのもメリットと言えるでしょう。

このようにパントガールは今まで薄毛に悩んでいた、薄毛の治療法に悩んでいた女性に非常に嬉しい治療薬となっているのです。

パントガールで治療を行うデメリット

女性の薄毛専用の内服薬として誕生したパントガール、安価で副作用もなくまた他の治療法とも並行して活用できると非常に優秀な薬ですが、そんなパントガールでもデメリットが全く存在しないわけではありません。

まず先ほど安価であると説明しましたが、あくまでも頭皮に直接注入する手術をした時の治療費と比べた時の話です。具体的にはパントガールでの治療の場合、大体1ヶ月で1万円から2万円程度になります。手術では総額100万を超える事を考えると確かに安価ですが、市販の育毛剤は実はさらに安いです。育毛剤だと1本で2000円~3000円程度で買える事もあるので、パントガールより安価です。またパントガールの場合は他の治療法との並行が可能だからこそ、結局薄毛の治療にかかる治療費の総額がちょっと高くなりやすいです。

それから毎日欠かさず継続しないといけない点です。これはパントガールに限った話ではありませんが、薄毛や脱毛の治療は非常に長期的に行う必要があります。最低でも3ヶ月は必要とされていますし、推奨としては半年以上になっています。特にパントガールでの治療を行うとなると、普段の生活では足りない栄養素を補ったり、体内のホルモンバランスを整えて発毛を促している事になるので、服用を止めたらまた薄毛や脱毛が進む事になります。1度治療を始めたら止められないというのがデメリットの1つです。

このようにパントガールでもデメリットはいくつかあります。しかしながら他の内服薬の場合はこれらのデメリットに加えて副作用のデメリットも存在しているのです。その副作用のデメリットだけはパントガールは心配いらないので、やはり女性の薄毛で内服薬での治療を考えているのであればパントガールがお勧めです。

パントガールは医療機関と個人輸入で購入できる

パントガールは薄毛に悩む女性にとって、魅力的な治療薬といえるでしょう。興味のある方は購入を検討するとよいかもしれません。購入方法は大きく二つに分かれます。ひとつがクリニックで処方してもらうこと、もう一つが個人輸入することです。どちらがオススメの購入方法なのでしょうか。

価格相場で比較

クリニックで処方してもらった場合の価格相場は1カ月分で8,000円~12,000円程度です。クリニックによっては、ここに診察料などがかかります。個人輸入サイトなどで購入した場合の価格相場は1カ月分で6000円程度です。価格で比較すると個人輸入の方がお得といえます。

安全性で比較

パントガールの安全性、あるいは信頼性で比較するとクリニックがオススメです。個人輸入には偽造品のリスクが付きまとうからです。製薬会社4社が合同で行った調査(2016年)で、「インターネットで入手したED治療薬」の4割が偽造品であることが分かりました。薄毛治療薬を対象に行った調査ではありませんが、インターネットで入手できる薄毛治療薬にも偽造品は混ざっていると考えられています。

偽造品は効果を期待できないだけでなく、有害化学物質を含む可能性があります。ケースによっては命にかかわることもあります。出どころが不明なパントガールを、個人輸入で入手することはオススメできません。

診察の有無で比較

クリニックで購入する場合と個人輸入で購入する場合の大きな違いが、医師による診察の有無です。診察のない個人輸入の方が便利で安あがりと思うかもしれませんが、リスクがあることを理解しておかなくてはなりません。

女性の薄毛の原因は男性より複雑です。女性に多いびまん性脱毛を引き起こす原因として、休止期脱毛を挙げられます。休止期脱毛とは、髪の毛がヘアサイクルの休止期に留まるため髪の毛が減る脱毛症です。休止期脱毛は栄養バランスの乱れのほか、鉄欠乏性貧血、甲状腺の病気、薬の影響などで引き起こされます。

自分で薄毛の原因を判断してパントガールを個人輸入すると、これらの病気などを見落とす恐れがあります。びまん性脱毛症が病気の症状として引き起こされることもあるので、女性の薄毛は医師の診察を受けてから治療しましょう。

パントガールの購入はクリニックがお勧め

クリニックで購入する場合と個人輸入する場合では、以上の違いなどがあります。価格だけで比較すると個人輸入がお得ですが、個人輸入には健康上のリスクがあります。仮に薄毛が治ったとしても、身体を壊しては意味がありません。

個人輸入した医薬品で生じた健康被害は、医薬品副作用被害救済制度の救済対象にはなりません。医薬品副作用被害救済制度は、国内で法律に基づき販売されている医薬品を適正に使用したにもかかわらず重大な健康被害が生じたときに、医療費や年金などを給付してくれる制度です。トラブルに自分で対処しなくてはならない点にも注意が必要といえます。

個人輸入のメリットとデメリットを比較すると、デメリットの方が大きいといえそうです。パントガールを購入したい方はクリニックで相談しましょう。

パントガールでの薄毛・抜け毛対策はこんな人におすすめ

それでは最後に、具体的にこんな人にパントガールがお勧めという紹介をいたします。

今まで自宅で市販の育毛剤を使ってはみたけど効果が出なくて病院での治療を考えている人は、ぜひパントガールでの治療をお試しください。病院での治療は治療費が高いのでは、それでも効果が出ないのではと不安を抱えている人もいるかと思います。しかしパントガールは安くて治療を受けやすく、そして効果が高い治療薬です。病院での治療の入り口として是非1度試しましょう。副作用がない点でもお勧めです。

それからできる限り簡単に治療をしたいと言う人にもお勧めです。一々病院まで行って長時間の手術を受けたくない、時間を無駄にしたくない人はまずこのパントガールがお勧めです。1日3回朝昼晩に服用するだけですから、病院まで行く手間も薬を処方してもらう時だけになります。また市販の育毛剤のように塗布の手間もないので、治療法の中では特に簡単な治療法と言えるでしょう。

パントガール
基本として、女性であり、特に出産後に薄毛になり始めた人が1番お勧めです。そういったびまん性脱毛症、分娩後脱毛症のために作られたのがこのパントガールですので、出産後に薄毛が目立ってきた人はぜひ病院でパントガールを処方してもらいましょう。

パントガールは女性の薄毛のために作られた内服薬で、非常に高い効果を発揮してくれる薬です。しかし万能薬ではありませんので、人によっては効果が出ない事もあります。確実に薄毛を解消したい人はこれだけに拘らず、育毛剤などの他の治療を並行して進めつつ、医師の方と経過観察をしながら治療していきましょう。薄毛は長期的な目で治療を進めていく、根気よく続けるのが1番大事ですよ。

まとめ

  • パントガールに含まれている栄養は全て髪の毛の健康維持に不可欠な物なので、薄毛や脱毛にも効果がある。
  • 副作用が無く、他の治療法と併用でき、従来の治療法よりも安いのがメリット。
  • 特に出産後に薄毛になり始めた人にお勧め。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です