若ハゲの原因を徹底解説|注意したい人の特徴と改善方法も紹介します

抜け毛…、年を重ねるたびに近付いている気がしてなんだか不安ですよね。

ですがその抜け毛、年を重ねずとも若いうちから起こる可能性があるのをご存じですか?

若ハゲと呼ばれる禿げ方は最近の若者に起きやすくなっていることが判明しています。

自分には関係ないと高を括っていると、後悔する日が来てしまうかもしれませんよ。

若ハゲの原因って??

10代や20代の若いころから抜け毛や薄毛が進行する脱毛症は若年性脱毛症と呼ばれています。世間的には若ハゲの方が浸透していると思うので、この記事では若ハゲで統一して呼んでいきます。

若ハゲも脱毛症の一種ですから、脱毛症の原因がそのまま若ハゲの原因と言えます。しかしAGA(男性型脱毛症)はDHT(ジヒドロテストステロン)の影響で起こると言われていて、これが主に中年の薄毛や抜け毛の原因になっています。こちらは男性ホルモンと女性ホルモンのバランスの乱れが原因の1つとして考えられていて、30代後半から女性ホルモンが少なくなってくることでDHTの生成が活発になると言われています。なので若ハゲの原因としては可能性が低いです。あくまでも低いので全くないとは言えませんが、それよりも若ハゲの原因の可能性として高いのは生活習慣です。

抜け毛の原因として注目されているのは血行不良です。髪の毛も生きているので当然ながら栄養を必要としています。その栄養は血液を介して補充されています。なので血行が悪くなると抜け毛が進行されると考えられていて、その血行不良の原因は生活習慣に多く存在します。

若ハゲ 原因

  • 1つ目は過剰な喫煙です。喫煙はタバコに含まれているニコチンが血行不良を引き起こす成分なので、こちらは髪の毛の健康に悪影響を及ぼすことになります。
  • 2つ目は睡眠です。睡眠不足によって自律神経が悪くなり、結果的に血行不良を招くことになります。特に午後10時から午前2時の間に寝ていない人はこれが抜け毛の原因になりやすいです。

血行不良も問題ですが、そもそも血液中に髪の毛に必要な栄養が含まれていないのも問題です。ここからはそれに関係のある原因を説明します。

  • 1つ目は食生活です。血液中の栄養には食べ物から摂取した栄養も含まれます。気を付けるべきなのが髪の毛にとって悪影響を与える栄養も送られるという点です。脂っこいものや甘いものは髪の毛にとってあまり良い栄養を含んでいません。外食やコンビニなどでいつも同じものばかり食べている場合は抜け毛の原因になっている可能性が高いです。
  • 2つ目は過剰な飲酒です。アルコールに含まれる脂質は髪の毛に悪影響を及ぼす栄養素ですし、アルコールの分解にはアミノ酸が使われます。このアミノ酸は髪の毛の生成に必要なものです。アルコールの分解に使われてしまって髪の毛が生成できなくなり、結果的に若ハゲになってしまうというわけです。

若ハゲの原因には生活習慣が深く関わっているということが分かっていただけたかと思います。それでは次に若ハゲになりやすい人の特徴をご紹介します。

若ハゲになってしまう人の特徴

それではここからは若ハゲになってしまう人の特徴をご紹介します。

まず1人目は喫煙者の方です。喫煙自体が髪の毛の健康には良くないです。もちろん1日に吸う本数が多ければ多いほど血行不良も起こりやすくなるので、1日に1箱吸いきってしまうようなヘビースモーカーの方は特に注意が必要です。また喫煙年数も長い人ほど若ハゲの可能性が高くなります。

2人目は寝不足の人、もしくは夜更かしの人です。睡眠不足は自律神経の乱れを引き起こし、血行不良の原因となります。寝る時間が午前2時以降の人は特に危険です。寝るのが遅い上に寝不足であればなおさら若ハゲの可能性が高まりますよ。

若ハゲ 原因

3人目は偏った食生活を送っている人です。若い人ですとやはりファーストフードなどの食事の機会も多いと思いますが、脂っこいものは髪の毛の健康に良くないです。またお菓子などの甘いものを食べる機会が多い人も若ハゲの可能性が出てきます。

4人目は過剰に飲酒している人です。先ほども説明したように過度の飲酒は抜け毛の原因になります。しかしアルコールの分解力が高い人は問題ありません。過剰に摂取した結果、分解が追い付かなくなって、アミノ酸を用いて分解するようになると髪の毛にも影響が出てきます。お酒に弱い人が若ハゲの可能性が高くなるということを覚えておいてください。

当てはまってもまだハゲてないから大丈夫と思う人がいるかもしれませんが、若ハゲや抜け毛というのはすぐに変化しません。生活習慣が悪いせいで数年後にハゲ始めるというのはよくあるケースです。当てはまった人は早めに対策しておきましょう。

若ハゲの改善方法

さてこれまでに若ハゲの原因やなってしまう人をご紹介してきましたが、ここからはいよいよ改善方法についてご説明します。

とは言え原因のところでも説明したように、若ハゲの原因には生活習慣が深く関わっています。なので改善方法に関しては基本的に生活習慣を改善していくことになります。自分の生活習慣を見直して、問題のある部分を改善していきましょう。

まずは喫煙している人は禁煙しましょう。とは言え禁煙することにストレスを感じてしまうのも問題なので、無理して禁煙するのは効果が薄くなってしまいます。本数を減らす、電子タバコを使うなどの段階を踏まえつつ禁煙していきましょう

若ハゲ 原因

次は質の高い睡眠です。睡眠時間も大事ですが、ぐっすり眠るという質の部分も重要です。スマホやパソコンの光(ブルーライト)は睡眠を阻害する効果を持っているので、寝る前に見ていると熟睡できなくなります。就寝30分以上前には見ないようにするのがベストです。また髪の毛の元である毛母細胞は午後10時から午前2時に活発になります。この時間帯に寝ておくようにしましょう。早寝早起きを習慣にしましょう

次はバランスの良い食事です。髪の毛の健康に大事な栄養にはタンパク質、亜鉛、ビタミン(特にB群)などがあります。しかしこれだけを摂る様な食生活も問題です。これらの栄養素は豆腐や納豆などの大豆食品、チーズなどの乳製品から摂取できるので、自分の過去1週間の食事を振り返ってどれくらい食べているかチェックして、不足している場合には意識して増やすようにしましょう。

最後は禁酒です。タバコに比べれば依存性が低いので、意識すれば止められるかと思います。しかし日常的に飲んでいる人には禁酒はストレスの原因になりえます。そういう人は1日に飲む量を制限する、休肝日を作るなどして対策していきましょう。

原因のところで説明した対策としては以上となりますが、他にもストレスをしっかりと発散させる、シャンプーを変えてみる、頭皮マッサージをしてみる、育毛剤を使用するなどがあります。しかし生活習慣が悪いままではこの辺りの対策はほとんど効果がありません。やはり若ハゲの対策をするなら1度は生活習慣を見直して改善しましょう

若ハゲは生活習慣が主要な原因です。改善方法も生活習慣の改善がメインになりますが、若ハゲ対策だけでなく体の健康にも良いことなので、是非とも生活習慣を見直してみてください。

 

若いから大丈夫なんて言えない?10代の抜け毛の原因とは(関連記事)

20代から抜け毛となる人が多い?若ハゲの対策とは(関連記事)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です