AGA治療の革命児!?発毛剤プロペシアとは

TVを見ていると爆笑問題の2人が「AGA」に関するCMに出演しています。多くの人がこのCMを見るまで「ハゲは症状であって病気ではない」と思っていました。だからこそ、ハゲで病院に行くなんて考えたこともなかったという人も多かったと聞きます。

しかし、今やハゲは「AGA(男性型脱毛症)」という正式名称が広がり、オリジナルでケアする時代から、専門家や最先端技術の力を借りて”治療”する時代へと移り変わっているのです。そんな中、画期的な発毛剤が開発されました。育毛剤ではありません。「発毛剤」です。その名は「プロペシア」です。

プロペシアとは

「プロペシア」は簡単に言えば、AGA(男性型脱毛症)の治療薬の商品名です。この薬の主成分は「フィナステリド」と言います。AGA(男性型脱毛症)の原因となるホルモンの生成を阻害し、長期的に脱毛などの症状を防ぐことが期待されています。

通常こういう薬は開発目的があって研究者がゼロから開発していくものですが、実は元々前立腺肥大症の治療薬として開発されたのだそうです。しかし、この薬を服用した人から「なぜか髪が濃くなった気がする」「髪が生えてきた」と発毛に関する声が続出、正式に発毛剤としての開発に着手したという変わった経緯を持っています。

最近では薬局で手に入れることができる発毛剤も売られていますが、このプロペシアは病院で処方箋を書いてもらわなければ手に入れることはできない薬です。

 

さらに詳しい情報を知りたい方はこちら

プロペシアの成分「フィナステリド」の発毛効果とAGA(男性型脱毛症)のメカニズム(関連記事)

 

プロペシアの効果は

それではこのプロペシアは本当に発毛効果があるのでしょうか。まずは薬の効果を勉強する前にAGA(男性型脱毛症)を発症してしまう原因から勉強しましょう。

AGA(男性型脱毛症)を発症する原因物質と言われるものがDTHという男性ホルモンです。これは血中テストステロンに還元酵素が働いて作られるものです、プロペシアは、この還元酵素を阻害することが分かっています。その結果、DTHの生成をできるので、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として期待が高まっているのです。

プロペシアは飲み薬です。成人男性は「1日1錠(フェナステリド0.2mg含有)」を服用します。食事とは関係がないので、食前でも食後でも飲むことができるので、とても便利です。症状や体質、体格や体重など応じて最大「1日5錠」まで増やすことができるようです。つまり、薬の効果に違いがあるかもしれませんが、効果があった人が服用量を増やしても効果が大きくなるわけではありません。医師の診断に従うようにしましょう。

プロペシアとは画像

また、連続服用は6ヶ月が目安とされ、この期間に症状の改善が見られなければ、医師の判断で服用が中止されることもあります。

実際のプロペシアの効果は、バンバン髪が生えるというものではなく、「髪が太くなる」「髪色が濃くなる」「抜け毛が減る」といった効果があり、相乗効果でAGA(男性型脱毛症)が改善されていくということのようです。

また、「AGA(男性型脱毛症)の治療薬」と言われるとおり、他のハゲや薄毛の症状、女性には効果が期待できないようです。海外でAGA(男性型脱毛症)と診断された女性に1年間服用させた研究がありますが、効果が現れなかったとされています。

 

さらに詳しい情報を知りたい方はこちら

AGA治療薬プロペシアのジェネリック医薬品って何?

 

 

プロペシアの副作用

AGA(男性型脱毛症)に悩む男性には朗報と言える薬ですが、やはり副作用も考慮しなければならないようです。副作用も人ぞれぞれですが、ここでは代表的なものをいくつかご紹介します。

[蕁麻疹]
薬である以上、体が拒否反応を示す人がいます。その症状として表れやすいものが蕁麻疹です。プロペシアが合わない可能性もありますが、その時の体調や、食べ物などによる蕁麻疹も考えられます。蕁麻疹が出た場合は、プロペシアの服用継続も服用中断も、自分だけで判断せずに処方してくれた医療機関で相談をするようにしましょう。

[ED(勃起不全)]
ある統計によるとプロペシアの100人に1人の割合でEDの症状を訴える男性がいるそうです。男性としては由々しき事態ではありますが、発症率が1%程度だと考えれば、あまり深く考えない方がいいかもしれません。また、EDを発症したとしても服用を中止することですぐに戻ったという例も数多く報告されています。

[初期脱毛]
髪は「成長期→退行期→休止期」を繰り返しています。これは男性ホルモンによる影響を強く受けているのですが、プロペシアの服用によってホルモン分泌の変化が起こり、脱毛が進んでしまうことがあるようです。

ただ、その後プロペシアの効果が表れていることから「初期脱毛」という名称で呼ばれ、そのまま服用を続けても問題がないとされています。この初期脱毛は1週間から1ヶ月程度は続くことがあるらしいので、長い目で見た方がいいかもしれません。

ただ、AGA(男性型脱毛症)の治療で服用して髪が抜けたら心配ですよね。そんな時は医師に相談することをオススメします。

[うつ・めまい]
報告件数は少ないと言いながらも「うつ・めまい」は報告されています。ただ、プロペシアとの因果関係は明確にされていません。プロペシアを服用すると言うことはAGA(男性型脱毛症)に相当悩んでいるとも考えられます。

そこに「プロペシアを服用したのに効果がなかったら・・・」こういったストレスが「うつ・めまい」といった症状を引き起こしてしまったとも考えられるのだそうです。

[肝機能障害]
これはプロペシアに限った話ではありませんが、服用したものは小腸から吸収され、肝臓に運ばれます。そのため、薬の負担は少なからず肝臓にダメージを与えてしまいます。「肝機能障害」と聞くと、とんでもない重症のように感じるかもしれませんが、そうとは言い切れないようです。

ただ、肝機能障害は自覚症状が出るレベルだと重症化していると言われます。定期的に検診を受けることで早期発見・早期治療が可能になります。

こんな人はプロペシアの使用に注意

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の症状改善に期待できる薬であると同時に、因果関係は不明といいながらも副作用の報告も出ています。判断は人それぞれでしょうが、次のようなタイプの人はプロペシアの服用を控えた方がいいかもしれません。

[アレルギー体質の人]
何に対するアレルギーがプロペシアに反応するのかがはっきりしていない以上、アレルギー体質の人は服用を慎重に判断した方がいいでしょう。そもそもプロペシアは医師による処方箋がなければ手に入れることができないので、正直に医師に相談し、総合的に判断してもらうようにしましょう。

[子供が欲しい人・小さな子供がいる人]
プロペシアの服用による副作用としてED(勃起不全)があります。子供を望んでいる男性にとってEDは大問題です。必ず発症する副作用ではありませんが、そういう家族計画がある場合は服用のタイミングを考えた方が良さそうです。また、プロペシアは女性には効果がないとされ、基本的に処方されません。

しかし、注意点として「妊婦・特に男の子を妊娠している場合は胎児に影響があるかもしれないので服用はしないこと」が挙げられています。一部では皮膚による接触も影響があると言われているので、小さな子供がいる人も控えた方がいいかもしれません。

[肝機能に問題(不安)がある人]
副作用でもご紹介しましたが、服用した薬は必ず肝臓にダメージを与えます。健康な肝臓の持ち主でも肝機能障害を引き起こす可能性があるわけですから、元々肝機能に問題を抱えている人は服用しない方がいいでしょう。

プロペシアは医師による処方箋が必要なので、肝臓の状態などはしっかりと考慮してくれるでしょう。だからこそ、指示された服用量を守ったり、体に異変を感じた場合は速やかに医師の診断を受けるようにしましょう。

 

さらに詳しい情報を知りたい方はこちら

AGAのみに有効なプロペシアの効果と副作用ってどんなもの?

AGA治療薬「プロペシア」のデメリット!根本解決は薬では無理?の真相激白(関連記事)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です