プロペシアの副作用は深刻?服用前に知っておきたいポイント

AGAに有効な治療薬のひとつであるプロペシア。

処方されるままに使っているけど詳しいことは知らない、という方は少なくないと思います。

今回はそんな方のためにプロペシアの効果と副作用についてご紹介させていただきます。

プロペシアとは?

プロペシア 副作用

AGAの治療に有効な薬の一つプロペシアは、世界で初めて作られた飲むタイプの薄毛治療薬フィナステリドと呼ばれる成分が配合されていますが、AGAの治療で使用される主流の薬として有名ですよね。

AGAは男性ホルモンのテストステロンが酵素の5a-リダクターゼにより、ジヒドロテストステロンというホルモンに変わり、それが毛母細胞の働きを抑制するたんぱく質を作ることが原因といわれています。

プロペシアの成分フィナステリドには、酵素の5a-リダクターゼの働きを抑える効果があり、毛母細胞を活発にする効果があります。

プロペシアというのは商品名。もともとは前立腺肥大症の治療として開発されましたが、服用した患者さんに毛が生える副作用が増えた為に、育毛剤として研究開発されたものです。AGAの治療にまず思いつくのが育毛剤ですよね。

頭皮に直接有効成分を塗布する治療方法が人気がありますが、プロペシアは内服薬で1日1錠を服用します。症状によっては薬の量は多少増える場合もありますが、プロペシアの上限は1日5錠となっていますのでご注意ください。この薬には健康保険が適用されないため全額実費。クリニックや医療機関によっては値段もそれぞれ違いますので、まずは相談してみましょう。

プロペシアは食事のタイミングに関係なく飲める点が便利。またこの薬は女性には有効性が見られない為、男性型脱毛症の治療だけに使用されている内服薬です。

プロペシアは薄毛に効果がある?

プロペシアが薄毛にとても効果があるといわれていますが、すべての薄毛に効き目があるワケではありません。AGA(男性型脱毛症)には有効性がありますが、ほかの薄毛には適応性がなくまた女性の薄毛にも効果はありません。AGAの治療として効き目がある理由はプロペシアの成分であるフィナステリドがポイント。

プロペシアには1錠あたりフィナステリドが0.2mg配合されていますが、この成分はAGAの原因になる男性ホルモンDTHの生成を抑制する働きがあります。DTHは酵素により作られる物質で毛母細胞の働きを抑える為AGAの原因になるといわれてます。プロペシアは成分のフィナステリドの働きにより、脱毛、抜け毛の予防効果が非常に高いのです。

一般的に見られる効果ですが、髪の量が増えるよりも現状維持の働きが強く、抜け毛の本数が減り髪の毛が太くなるなどの効果があります。そのため全体的な髪の量が増える効果が期待できる薬です。プロペシアは即効性のある薬ではなく、服用を開始してから半年が効果を実感するまでの目安。それ以上飲んでも効き目がない時は、ほかの治療薬へ変える必要もありますので医師の判断が必要になります。

また服用量を増やしても効果がアップすることがない為、自分に合った薬の量は常に守って服用することが大切ですね。治療薬として大変人気がありますが、飲み方は医師の指示のもの行うことをおすすめします。

プロペシアの副作用

AGAの治療薬には副作用があるといわれていますが、プロペシアはどうなのでしょうか。これから服用してみたいと思っている方、まずは薬の副作用についても理解しておきしょう

プロペシアの臨床実験では1㎎の錠剤を1年間投与して半数以上の人に薄毛改善効果があると認められています。しかし4%の人には性的機能障害の副作用があるという報告もされています。

プロペシアはこの薬自体の副作用もありますが、併用して飲む薬との相性などもありますので、医師の指示のもと服用することが大切。また女性や子供には体に刺激となりますので、肌に触れることもなるべく避けたい薬です。

そこで知っておきたいのが主な副作用の種類ですよね。プロペシアには性欲減退、精子の数が減る、勃起不全などの副作用があります。また下痢や頭痛、腹痛などもありその時の体調によっても副作用の度合いも異なるようです。しかしこのような症状が出るのは全体の2%~4%程度。しかも副作用の症状は軽度で、服用を辞めると症状が治まります。

気になる場合はすぐに医師と相談をすること。プロペシアは個人輸入で海外から手軽に購入ができますが、すべて自己責任になりますので、安心して治療をするには医師に相談することがおすすめです。

また未成年男性の服用は安全性がまだ確率されてませんので服用はできません。プロペシアを使ってみたいと思う方は、AGAの専門クリニックなどでますは相談してみましょう。

こういう人には効果がないかも

プロペシア 副作用

AGAの治療薬として注目のプロペシアですが、実際には効き目がある人とない人がいます。その違いはなんだか気になりませんか?

残念ながら効き目がないのは毛乳頭細胞が完全に死滅している場合。頭皮がつるつるになるような薄毛は治療効果もあまり期待できず、プロペシアも残念ながら効き目はありません。このような場合は植毛をするなどほかの方法で対策を検討されるとよいでしょう。

プロペシアはAGAの治療として使う飲み薬。そのためほかの薄毛にはこの薬は効果がなく、また女性の薄毛にも使うことができません。女性の場合は効果がないだけでなく体に負担となり、妊婦さんの場合は子供にダメージを与える可能性あります。男の子の場合は生殖器に異常がでてしまう可能性もあります。

また肝機能に問題がある人も服用は避けたほうが安心ですね。大変効果のある薄毛治療薬ですが、自分の体に合うかどうかは医師の判断が必要。

服用する量などもそれぞれ異なりますので、効果的なAGAの治療をするには医療機関でまずは相談してみましょう。プロペシアは外用薬のミノキシジルと併用して服用する場合もありますので、自分の薄毛治療には一番ベストな服用の仕方が必要ですね。

効果を実感するまでに時間もかかりますので、体に負担が少ない治療方法がオススメです。プロペシアで薄毛改善した方はとても増えています。育毛剤だけでは満足できない方。まずはクリニックで相談してみましょう。

プロペシアの入手方法

プロペシア 副作用

プロペシアは慎重に服用しないといけない薄毛治療の薬。内服薬なので体に与える負担なども考慮し、一番安全なのは医師の処方で手に入れる方法です。プロペシアは内科や皮膚科などで扱うことが多いのですが、最近ではAGAの専門クリニックも増えています。まずは問い合わせしてみましょう。

医療機関以外から入手する方法はネット通販。個人輸入で購入することができますが、効果と安全性は少し不安になりますよね。値段が医療機関よりも安いことから、ネット通販で買う方が増えていますがすべて自己責任になることを覚えておきましょう

プロペシアは健康保険の適用外。自由診療になっている為、薬代を含め診察料も検査料もすべて自己負担になります。そのため医療機関ごとに値段が異なりますので、心配な場合は初回のカウンセリングで費用面についても確認をしておきましょう。AGAの治療はどんな手段にせよお金がかかります。だからこそ確実な効果がある方法を選びたいですね。

プロペシアは薄毛治療の主流として使われている薬。わずかなリスクはありますが、医師の指示に従い服用すれば安全に薄毛治療ができます。値段が安い海外の薬は信頼できないこともありますので、医療機関でまずは相談をしてみましょう。

飲み方や量など大変慎重にならないといけない薬である点は理解しておかないといけませんね。自己判断は大変危険。医師の判断のもの安心して治療をおこないましょう。

 

さらに詳しい情報を知りたい方はこちら

AGA治療薬プロペシアのジェネリック医薬品って何?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です