円形脱毛症に用いられる薬の副作用|治療法ごとに詳しく解説

円形脱毛症は専門のクリニックにしろ病院の皮膚科にしろ、治療法が豊富にあるのも特徴の1つです。

今回はそんな数ある治療法の副作用に関する情報をお届けします。治療には薬を用いるわけですから、副作用は完全にないとは言い切れません。副作用によって円形脱毛症よりも悪い疾患や病気にならないためにも、どの薬で治療を行うかは非常に重要です。必ず医師の方の診察を受けた上で治療法を決めましょう。

ミノキシジル外用薬

それでは早速それぞれの治療薬の効果と副作用をご説明いたします。最初はミノキシジル外用薬です。

こちらの薬は患部に直接塗布する塗り薬で、血管を拡張させて血圧を下げる効果があります。厚生労働省より正式に外用発毛医薬品として認可されいている薬です。髪の毛は血液中から栄養をもらって健康を維持しているので、血流を良くするために利用されるのがこちらのミノキシジル外用薬です。

血管に作用する薬ですから、心臓既往症(心臓に関する様々な病気)を持っている方は使用できません。ミノキシジル外用薬によってその病気が悪化、最悪死に至る可能性があるからです。それから低血圧の方も使用できない可能性が高いです。血圧を下げる薬ですから、元々低い方はめまいや失神などの副作用が発生しやすいです。

こちらのミノキシジル外用薬は海外で高い評価を受けている反面、日本ではあまり効果を期待されていない薬になっています。これは日本人の体質に関係しているのではと考えられていて、効果の出る人と出ない人でかなり差があるようです。使用時には十分注意してください。

塩化カルプロニウム外用

次に塩化カルプロニウム外用薬です。こちらは元々は胃液の分泌を高めるための内服薬だったのですが、円形脱毛症の治療としては外用薬として使われます。

血液の流れを促進して、頭皮の血流を強めて髪の毛に栄養をしっかりと送れるようにするのがこの薬の効果になります。栄養が多く送られれば毛根が強くなり、抜けにくい強い髪の毛ができるようになるわけです。

塩化カルプロニウム外用薬は基本的には副作用が少ないです。というのも基本的に血流を促進するだけだからです。そのため円形脱毛症に対する効果もそこまで期待されていないです。気を付けるべき副作用はアレルギーだけです。塩化カルプロニウムに含まれる成分にアレルギー反応を起こして、皮膚がかぶれたり異常なかゆみを覚えたりする可能性があります。

円形脱毛症に対する効果が強くないので、もしもかゆみやかぶれといった副作用が発生した場合にはただちに使用を止めましょう。副作用に目をつぶって治療を進めるだけの高い効果は塩化カルプロニウム外用薬にはありません。医師の方と相談して別の治療法を見付けましょう。

局所免疫療法

3つ目は局所免疫療法です。こちらは患部に意図的に弱いかぶれを作り、自己免疫の活動を正常な物にしようという治療法で、かぶれ療法とも呼ばれています。円形脱毛症の原因の1つに自己免疫疾患というものがあり、これは自己免疫が異常なまでに活動を広げて、害のない細胞にまで攻撃してしまうという疾患です。局所免疫療法はこの自己免疫疾患を治す時に用いられる治療法で、円形脱毛症の治療法として高い効果を発揮しています。治療にはスクアレン酸ジブチルエステルジフェニルシクロポロペノンの2つの薬が用いられます。

基本的に副作用が少なく、子供でも利用できる治療法として有名ですが、アトピー性皮膚炎を持っている場合だけは使用を控えましょう。皮膚にかぶれを作る薬ですので、皮膚炎を持っているとより悪化してしまいます。またかぶれを作るため多少のかゆみは伴います。それに我慢しなければならないという点はよく覚えておきましょう。またかぶれによって肌の見た目が悪くなるということも覚えておきましょう。

PUVA療法

4つ目の治療法はPUVA療法です。こちらは紫外線を利用した治療法で、先ほど説明した自己免疫疾患を治療する際に使用されます。紫外線によって毛根を攻撃するリンパ球の活動を抑制させて治療するというわけです。こちらはまずステロイドオクソラレンの2つの薬を内服し、その後2時間以内に全身に紫外線を照射するという大掛かりな治療法となっています。そのため外来では利用できない治療法となっているのも特徴の1つです。

この紫外線の照射では自己免疫であるリンパ球の活動を抑制する効果を日焼けによって作りだしています。治療法としては局所免疫療法と似ているわけです。ただ日焼けを全身に行うため、その際のかゆみやヒリヒリとした痛みは避けて通れません。日焼けの時と同じようにひどい場合には水ぶくれもできる可能性もあります。もちろん日焼けですから数日後には肌が黒くなってしまいます。

副作用としては日焼けによって起こる症状がそれに当たります。なので元から皮膚が弱い人は避けるべきです。円形脱毛症の治療のために全身にやけどや水ぶくれを作るのはあまりにも副作用の方が強すぎます。全身に照射すると言う点を良く考えましょう

ステロイド内服

最後は円形脱毛症の治療でよく利用されているステロイド内服薬です。ステロイドによる治療法は塗り薬である外用薬と飲み薬である内服薬、さらに患部に直接注入するタイプといくつかありますが、ここでは飲み薬を利用した場合の副作用についてご説明します。

まずステロイドは皮膚の炎症を抑える効果と免疫の活動を抑える効果があります。円形脱毛症の原因の1つである自己免疫疾患に対して強い効果を持っているため、多くの患者さんに処方される薬です。

しかしながら効果が強い薬は副作用が付き物で、特にステロイドは取扱いに注意が必要な薬です。ステロイドの場合、問題になりやすいのは免疫の活動を抑えている点です。免疫というのは人体に侵入した悪性のウィルスや細胞から体を守るために存在するので、その活動が抑えられてしまえば病気になりやすいということになります。この副作用を危険視しているため、免疫力の弱い子供には基本的に使われません。また当然ですが円形脱毛症以外に何らかの病気になっている人にも使われることはありません。

それから強い効果を発揮するため、服用を止めたらまた円形脱毛症になったという話もあります。ステロイドはこのようにいくつかの副作用があり、時に円形脱毛症よりも悪い病気になる可能性があるので、必ず医師の方の指示に従うようにしてください。

 

円形脱毛症の原因はいくつもありますので、どれか1つの治療法では上手く治らない可能性が高いです。だからその1つの治療法にこだわって薬の量を増やしたりは絶対にしないでください。改善の兆しが無い場合には別の治療法を、必ず医師の方と相談しながら探してみてください。

まとめ

  • 症状や持病によって使用できる薬が異なるため、必ず医師と相談すること。
  • 円形脱毛症の原因はいくつもあり、その原因によっては一つの治療法では改善しない場合もあり、改善しないからといって一つの治療法だけに頼り過ぎないことが大事。
  • 副作用が全く無い薬は無いに等しいので、そのことも含めて医師と相談しながら治療法を探すこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です