育毛の効果を上げるために最初にすること

髪を増やしたい、元気にしたいと思うとつい髪や頭皮のケアにだけ目がいってしまいがちですが、髪も体の一部に過ぎません。いくら育毛剤や育毛サプリで育毛のケアを行っても、体全体が健康でなければ効果も半減というものです。

健康な髪を目指すなら、食事や生活習慣を見直して、健康な髪を育てる健康な体づくりから始めましょう。

育毛に良い食品とは?

女性 前髪 薄毛

育毛のためには、バランスの良い食生活を送ることが必要と言えます。髪にとって特に必要な栄養素は、タンパク質、ビタミン類、ミネラル、亜鉛などが挙げられます。これらの栄養素を豊富に含む食品を意識して摂り入れるようにしましょう。例えば以下のような食品がおすすめです。

  • 良質なタンパク質…髪の90%以上はケラチンというタンパク質で作られています。つまり、髪を作る原料となるのはタンパク質を多く含む食品です。肉や魚、乳製品、大豆食品などはしっかり食べましょう。特に育毛のためには豆腐や豆乳などの大豆製品は効果的です。
    薄毛や抜け毛にはホルモンバランスが関係していることが多いですが、大豆のイソフラボンが女性ホルモンと似た働きをしてホルモンバランスを整えてくれます。
  • ナッツ類…美容や健康、ダイエットに効果的として注目を集めているナッツですが、髪の健康にもおすすめです。
    アーモンドやくるみ、マカダミアナッツなどのナッツ類にはタンパク質、ビタミン、ミネラルを豊富に含んでいて、そのどれもが育毛にとって欠かせない成分です。
  • レバー鉄分を多く含むため貧血に良いとされるレバーも、育毛に効果があります。鉄分は赤血球
    を増やすので、頭皮へ栄養を届きやすくする効果があります。
    女性の抜け毛や薄毛はそもそも鉄分不足の貧血が原因になることもあるので、鉄分は積極的に摂り入れたい栄養素なのです。レバーはこのほかにも、タンパク質、ミネラル、ビタミンを豊富に含んでいるので、髪の毛の成長を効率よく助ける食材と言えます。
  • ウナギ…夏バテ対策、疲労回復に良いとされるウナギは、タンパク質、亜鉛、ビタミンAを含むので育毛にも効果的です。タンパク質と亜鉛が髪の生成を助け、ビタミンAは頭皮環境を正常にする働きをします。
  • 青魚…サバやサンマ、アジ、イワシ、カツオなどの青魚はアミノ酸の1つであるメチオニンを豊富に含むタンパク質です。メチオニンは髪の原料となるケラチンを構成するアミノ酸ですが、必須アミノ酸であるため食事によってしか摂り入れることができません。
    また、メチオニンはアルコールの分解や目の疲労回復にも使われるため、髪の原料になる前に不足してしまいやすいのです。青魚を意識して食べることでメチオニンが不足しないようにすることも健康な髪を育てる近道と言えます。
  • ピーマン…緑黄色野菜にはβカロテンやビタミンCなどのビタミンが豊富に含まれるので、育毛に必要な食材と言えます。ですが、緑黄色野菜の中でも特におすすめなのがピーマンです。ピーマンの苦みの元になるのが種やワタに含まれるピラジンですが、このピラジンは血液をサラサラにして血流をよくする効果があると言われています。
  • 唐辛子…唐辛子に含まれるカプサイシンは育毛サプリにも使われる成分です。唐辛子を食べると体が温まるように、カプサイシンは血行を促進する働きをします。それに伴い頭皮も血流がよくなるので、髪の成長に必要な栄養が髪を作りだす細胞へ届きやすくなります。
  • きのこ…きのこに含まれるβグルガンは育毛に効果的な成分です。男性型脱毛症、AGAの原因となる5a-リダクターゼという酵素の働きを抑制する効果があります。このほかにも、キノコには免疫力を高め、血液をサラサラにするなどさまざまな健康効果があると言われています。頭皮や髪はもちろん、体全体を健康に保ってくれる優秀な食材だと言えるでしょう。
  • ねぎ…ねぎ、ニンニク、ニラ、たまねぎなどネギ科の野菜は、血流をよくするアリシンを多く含んでいます。また、ねぎが含むパントテン酸はタンパク質の合成を助けるため、健康な髪を育てることにもつながります。味噌汁やうどんなどの汁物や、薬味としても使えるため手軽に摂りやすい食材です。
  • めかぶ…髪を増やす食材としてワカメがよく知られているように、ビタミンやミネラルを豊富に含む海藻類も育毛には効果的な食材です。特に、海藻のヌルヌルの元となるフコイダンが髪の生成を促す効果があると言われています。
    フコイダンは海藻の中でもめかぶに豊富に含まれています。ただし、過剰摂取は甲状腺機能に影響することがあるので、食べ過ぎには注意しましょう。

髪のために生活の見直しを

抜け毛 お酒

健康な髪を育てる健康な体を維持するためには、栄養バランスの良い食事はもちろん、健康な生活習慣を続けることも大切です。特に以下の生活習慣について、思い当たることはないか見直してみましょう。

睡眠

睡眠と育毛は深く関係しています。というのも、髪が成長するのは睡眠している間だからです。どれだけ髪に必要な栄養素を摂り入れたとしても、睡眠がなければ髪を合成することができません。

また、髪はもちろん、体の成長や修復のためには成長ホルモンが必要です。成長ホルモンはタンパク質の合成や新陳代謝を促進することで、全身の健康を維持します。夜10時~2時の間は成長ホルモンが最も分泌されやすい時間のため、この時間に睡眠することで髪が太く長く育ちやすくなると言われています。

ストレス

ストレスが薄毛を進行させる、というのはよく耳にする話ですが、これは迷信ではなく本当のことです。通常、ストレスを感じた場合は交感神経が働いて血圧が上昇します。それによって血行をよくして栄養を補給することで、ストレスを対処しています。

ですが、この状態が続けば血管が収縮したままの状態となり、かえって慢性的な血行不良となるのです。これでは髪や頭皮へ栄養が届きません。また、ストレスの対処に多くの栄養とエネルギーが使われてしまい、髪や頭皮に使う栄養やエネルギーが不足してしまいます。

また、ストレスが睡眠不足や睡眠障害、食欲減退にも関係することも、育毛のためにはよくありません。好きなことをしたり、適度に体を動かすなど自分に合うストレス解消の方法を知っておくことも大切です。

ストレスが育毛を阻む!髪に悪影響を及ぼすストレスとは?(関連記事)

喫煙

喫煙は健康を害するものだというのは知られているとおりです、もちろん抜け毛や薄毛の一因になることもあります。タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させるため血行を悪くするので、頭皮や髪に必要な栄養が運ばれなくなってしまいます。

また、タバコは肌の乾燥を引き起こすことがありますが、頭皮の乾燥は抜け毛につながりやすいです。この他にも、タバコがAGAの原因となる男性ホルモンDHTを増やしたり、髪や頭皮の健康維持に必要なビタミンを破壊してしまうこともタバコが育毛を阻害する理由と言えます。なかなか続けるのが難しい禁煙ですが、薄毛や抜け毛のためと思って始めてみてはいかがでしょうか。

飲酒

毎日お酒を飲むとか、週に何度も飲み会があるという方もいらっしゃるでしょう。ですが、もちろん飲みすぎも健康に悪影響を及ぼしますし、育毛のためにもよくありません。髪が成長するためにはタンパク質のほか、ビタミンB6やビタミンB2などビタミンB群も必要です。

ですが、お酒によって摂取したアルコールは肝臓で分解される際、ビタミンB群が大量に消費されてしまいます。そのため、髪を作りだすために使われるビタミンB群が不足して、頭皮や髪の新陳代謝が衰えたり、皮脂分泌が過剰になることで抜け毛や薄毛につながります。

 

生活習慣が育毛に影響してる?生活習慣の落とし穴7つ!(関連記事)

まとめ

  • 育毛のためには、バランスの良い食生活を送ることが必要と言えます。
  • 髪にとって特に必要な栄養素は、タンパク質、ビタミン類、ミネラル、亜鉛など。
  • 健康な髪を育てる健康な体を維持するためには、健康な生活習慣を続けることも大切。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です