20代女性が取り組みたい薄毛対策|セルフケアや医療機関の治療を解説

花の20代!染めたり、パーマをかけたり、アレンジしたり、髪にかぎらずおしゃれが楽しい20代に、残念ながら薄毛に悩んでいる女性は少なくありません。

「え?なんで?私だけ!?髪が薄くなるのっておばあさんだけじゃないの?」

実は違うのです。20代の薄毛の原因と改善方法を知り、おしゃれを楽しみましょう!

20代の女性が薄毛になってしまう原因とは?

若くして髪の毛が薄くなってしまう脱毛の症状を「若年性脱毛症」とよびます。これは40代以降に見られる女性の薄毛とは、髪の毛が薄くなる原因そのものが全く異なります。

40代以降の女性に見られる薄毛は、頭皮の血行不良や髪を作る細胞の老化が大きな要因であるのに対して、若い女性の脱毛の原因はヘアサイクルの乱れにあります。

ヘアサイクルとは、㋐髪の毛がつくられる㋑成長する(90%)㋒抜けおちる㋓毛穴の休憩(10%)を繰り返すサイクルのことです。

健康な20代の女性ですと、3年〜5年間かけて髪が成長したあと、自然と抜け落ちます。その後3ヶ月ほど毛穴が休憩してから、新しい髪が作られます。

このヘアサイクルが乱れると、まだまだ成長するはずの髪が抜け落ちたり、休憩している毛穴が増えてしまったり、一つの毛穴から生える髪の毛の本数が減ったりします。

そのため全体的に髪の毛が薄くなり、地肌がすけてみえる、分け目が目立つといった若年性脱毛症となります。

こんな人は20代でも女性の薄毛に悩まされやすい

20代、仕事や遊びとやることが目白押しですよね!忙しい生活のなかでついつい髪と身体に負担をかけていませんか?

「自分は大丈夫!薄毛?気のせいだし!!」…と、前向きに(?)現実を直視しない女性も次のチェック項目を確認してみてください。

ひとつでもあてはまることがある人は20代でも薄毛に悩まされやすい原因を持つ人です。

  • 食事制限ダイエットをしている(過去にしていた)
  • 冷え性
  • 肩こり
  • 喫煙
  • 生理不順(ピルを服用している人も含みます)
  • 睡眠不足
  • カラーリング。パーマ(特に自宅で行うタイプ)
  • スタイリング剤を毎日つける
  • ポニーテール大好き!
  • 朝シャン派
  • ストレスいっぱい

いかがでした?ひとつもチェックがつかない女性のほうが少ないのではないでしょうか。

女性の身体はとってもデリケートです、薄毛には早期対策が最も効果的です。原因にもし心当たりがあるなら、生活習慣を見直してみましょうね。

20代女性の薄毛対策には生活習慣の見直しを!

先ほどのチェック項目がなぜ、薄毛によくないのか簡単にご説明しますね。

まずは、ダイエット。雑誌に載っている服がきたい!彼氏ほしいからやせなきゃ!とダイエットに励むのは女性の常です。ですが、手っ取り早くご飯を抜いたりしていませんか?

食事をとらないのは栄養を取らないことですよ!髪が成長にするのに栄養は不可欠です。そしてその栄養を髪の毛に届けるのは…そう!血です。血行不良になっていると頭皮に栄養がいきません。

もし肩こりや冷え性の自覚があるなら血行不良のサインです。とはいえ、女性は冷えやすい!夏でもオフィスではクーラーが入っていますし、コーヒーや紅茶など身体を冷やすカフェインをぐびぐび飲んでいませんか?タバコも血管が凝縮するので血行不良につながりますので喫煙されている方は減煙・禁煙を考えてくださいね。

次に生理不順の方も要注意です。経口ピルで生理を意図的に止めている方も同様です。実は、女性ホルモンは髪の毛に大きく関係しています

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)があり、この2つのホルモンの働きによって、約28日周期の月経サイクルが生まれているのですが、エスロトゲンは髪を抜けにくくする働き、プロゲステロンには髪を成長させる働きもあるので、このバランスが崩れることは髪にとって大問題です。

20代女性薄毛

「でも・・・生理不順ってどうなおすの?」と思われた方へ。ポイントは「子宮を大事にする」です。座りっぱなしや、猫背だと子宮を圧迫してしまいすので、まずは姿勢に気を付け、軽い運動で十分なので子宮に血をめぐらせて温めてください。寝るときの腹巻もいいですね!

ジャンクフードやお菓子など脂っこい食べ物は血をドロドロにしてしまうので、お野菜を意識的にとってくださいね。睡眠不足は女性ホルモンだけではなく自立神経まで乱れてしまうのでたくさん質の良い睡眠をとるようにしてください。

美容院でカラーとしてもらうとキレイに仕上がるけどお金がかかりますよね。そのお金の分いいお洋服を買いたいという乙女心もよくわかるのですが、市販のものは刺激が強すぎて頭皮にダメ―ジを与えてしまっている方も多いので要注意!

頭皮のダメージといえば、スタイリング剤を毎日つける方や髪を引っ張ってまとめていらっしゃる方もたまには頭皮を休憩してあげる日を作ってください。また、髪が成長するのは寝ている間です。寝ているときに毛穴が皮脂やスタイリング剤でいっぱいだとうまく髪の毛が成長できないので、朝シャン派の方は寝る前に髪と頭皮をキレイにできるように、夜にきりかえてみてくださいね。

夜も朝も髪を洗うのは洗いすぎですよ。必要な皮脂まで洗い流してしまうと乾燥してかゆみやフケがでます。髪を洗うのは1日1回ねる前にしましょう。

最後に女性の敵=ストレスです。お仕事に責任をもつようになる20代。毎日何かしらのストレスにさらされていると思いますが、ストレスをためると血管も子宮も毛穴も縮こまってしまいます。お友達とおしゃべりしたり、美味しいものを食べたり、お散歩したり上手にストレスを発散してください。

すべては生活習慣です。少しずつでいいので意識して、髪を身体にやさしい生活をおくりましょう。ちなみに子宮を大事にする生活は薄毛に悩むすべての女性に大切なことです。

20代女性薄毛

女性の抜け毛予防に大事なことって?日常で気をつけること(関連記事)

育毛剤やクリニックでの治療もおすすめ

生活習慣を見直しても、すぐに髪の毛はよみがえりませんよね・・・。頭皮の細胞が新陳代謝によって生まれ変わり、髪の毛に力が戻ってくるのは、早い方で1か月はかかります。

その間の対策として、育毛剤を使ったり、専門のクリニックで治療したり、身体の外からの働きかけがおすすめです。

育毛剤には、髪の毛をつくるための細胞に栄養をあたえるタイプホルモンバランスを整えるタイプ頭皮の保湿をするタイプなど、薄毛の原因にあったものを使うとより効果を感じやすいでしょう。

20代女性薄毛

ドラッグストアで購入するのなら「薬用」や「医薬部外品」とパッケージに四角で囲って表示してあるものにしてくださいね。即効性は医薬品ほどないかもしれませんが、お医者さんで処方してもらうお薬に近いものにこの表示が認められているので目印にしてください。

また、「クリニックで治療」ときくと、とても勇気のいることのように感じてしまうかもしれませんが、しっかり原因と対策についてカウンセリングをしてもらえますし、お医者さんから処方してもらう育毛のお薬は効果が認められているものです。そして、一番はお医者さんと一緒に髪の毛を元気にしていける!という心理的な安心感です。

女性にとって髪の毛はアイデンティティーの一つです。生活習慣を見直しは、自分を大事にすることです。

髪の毛も元気になるならやってみよう♪とあまり気負わず(ストレスは女性の敵です)育毛剤やお医者さんの力を上手にかりて、髪の毛を元気にしておしゃれを楽しみましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です