髪の紫外線対策を徹底解説|注意したい時間帯・天気・季節なども紹介

紫外線が髪に良くない理由とは

暑い時期になると特に目立つ、髪の毛のパサつきや赤茶けた色、それに頭皮もカサついていて、なんだか全体的に髪の毛がダメージを受けて疲れているようであると感じたことはありませんか。

それは、空から容赦なく降り注ぐ強力な紫外線の仕業であることがほとんどです。

春先の5月頃から9月頃までの暑い間が特に紫外線量が多く、顔や肌に当たると痛いぐらいに感じることもあります。そのため、女性なら特に日焼け対策として日焼け止めクリームを塗ったり、帽子を被ったり、肌のお手入れをしたり、とこの時期は忙しいのです。

しかし、日焼けの影響がすぐに目に見えて出やすい顔や肌については念入りにケアをするわりに、もっと大きな被害を受けている大切な場所に対しては見過ごしていることがほとんどです。それが「頭皮や髪の毛」です。

実は、頭皮や髪の毛は体の中でも最も太陽に近い位置にあるので、紫外線を受ける量も最も多いのです。その量は顔に比べて3倍~5倍にもなると言われています

そして、その頭皮や髪の毛が紫外線のダメージを受けることは、髪の毛が日焼けしていることを指しているのです。

顔や肌が日焼けをすると肌荒れが起きたり、老化に繋がったりするのと同様に、頭皮や髪の毛も日焼けをすると悪い影響がでてきます。その例をいくつか挙げます。

まず、「ツヤがなくなり、切れ毛や抜け毛が増える」といった現象が起こります。髪の毛が紫外線を吸収するとキューティクルが剥がれ、髪の毛のたんぱく質や保湿成分が流れ出てしまいます。

そうすると髪の毛は栄養不足、水分不足に陥り、パサつきの原因になります。また、システイン結合という、たんぱく質とアミノ酸が結び付くことによって髪の毛の強度を守っている結合を破壊してしまうので、切れ毛や抜け毛を引き起こしてしまいます。

次に「髪の色が退色し、赤茶けた色になる」ことが挙げられます。これはメラニン色素の分解による日焼けの影響で、見た目も不健康で老けた印象になります。

髪紫外線対策画像1

 

そして、頭皮が受ける影響として忘れてはならない「光老化」という、老化現象が起こります。光老化が起こると、紫外線により頭皮の細胞が破壊され、毛母細胞が正常に働かなくなることで抜け毛が増えてしまいます。また、新しい毛を生やす力も衰えるので、薄毛が目立つようになります。

このように、頭皮や髪の毛も紫外線によるダメージを大いに受けているのです。

梅雨時期でもUV対策を

紫外線は天気がよければそれだけ降り注ぐ量が多くなる、逆に曇りや雨の日は弱まっている、といったイメージを誰もが持っていることでしょう。そのため、晴れの日のUV対策はバッチリなのに、天気の悪い日には手を抜いている人が多く見られます。

しかしここに落とし穴があるのです。実は、曇りの日でも晴れた日の60%以上、雨の日でも20%の紫外線がしっかりと降り注いでいるのです。梅雨時期は天気の悪い日が続くので、どうしてもUV対策を怠ってしまいがちですが、曇りでも雨でも油断はできないのです。

紫外線量のピークは6月3月ごろから徐々に増え始める紫外線ですが、気象庁のデータによると、実はそのピークは6月であることが分かっています。つまり日差しが強くなる7月や8月よりも前にピークを迎えているのです。

特に、雨の日の翌日の曇りの日に極端に紫外線量が増え、強さも増すようです。そのことを踏まえ、梅雨時期には傘と一緒に、晴れ間のためのUV対策をしっかりと取っておかなければいけません。

特に注意したい時間帯と天気

それでは、具体的にどの時間帯や天気に気をつけなければならないか見ていきましょう。まず時間帯ですが、午前10時頃から午後2時頃のにかけて紫外線量が最も多くなります。これは太陽の高度が特に高い日中の暑い時間帯ということになります。

しかし、日差しのまだ弱い明け方の7時頃からすでに紫外線は量を増やしていっているので、朝だからといってUV対策を何もしないのはよくありません。気を抜いてしまいがちな時こそ、意識的に対策をとることが大切です。

また、天気については先述したとおり、曇りや雨の日にも紫外線はしっかりと降り注いでいます。雨あがりの曇りの日には、太陽光が雲に反射して降り注ぐので、むしろ快晴の日よりも紫外線量が多いと言われています。天気のいい日だけではなく、曇りや雨の日でも天気の移り変わりに備えてしっかりと対策をとっておきましょう。

紫外線から髪を守るための対策

顔や肌に対しては、日焼け止めクリームや傘、帽子等、あらゆるUV対策をとることができます。それでは、髪の毛についてはどうでしょうか。ここでは、紫外線から髪の毛を守るのに有効な対策をいくつかご紹介します。

まずは、余計な紫外線を浴びないようにするための対策です。代表的なものは、「傘や帽子を利用すること」です。これは当然のことですが、さらに一工夫でその効果を上げることもできます。例えばUV加工のものを選んだり、広めのつばがついた帽子をかぶったりすると、紫外線の浸透や浴びる面積を大幅にダウンさせることができるのでおススメです。

髪紫外線対策画像2

最近ではUVカット効果のあるヘアスプレーやシャンプー、トリートメント等も多く見られるようになりました。それらのアイテムを毎日の生活の中に取り入れて、紫外線のダメージを受けにくい髪の毛を作っていきましょう。

また、「紫外線量が増える時間帯での外出を避ける」ことも大切です。朝方から紫外線は増えていっているものの、できるだけ紫外線量の少ない時間帯を選んで外出をする方が、ダメージを受けるリスクは低くなります。そして涼しい時間帯にも油断することなく、対策をしっかりと取っていれば、紫外線から髪の毛を守ることができるのです。

そして今度は、浴びてしまった紫外線から髪の毛をケアする方法について見ていきましょう。髪の毛も顔や肌と同様に、紫外線を浴びてしまった場合には、保湿してこれ以上ダメージを溜めないようにすることが大切です。

しかし、すでにパサパサ、ゴワゴワに傷んでしまってからでは、なかなか元通りにすることは難しいと言われています。そのような場合には、傷んだ髪の毛を補修するケアも毎日積み重ねることが必要です。

そのためには、まずシャンプーやトリートメント選びから始めましょう。先述したように、UVケア成分の含まれる製品もあれば、傷んだ髪の毛を修復する成分、保湿する成分の含まれた製品もたくさん市販されています。また、自分の肌に合ったものを選ぶことがその効果を上げるポイントとなります。

そして洗い方ですが、シャンプーのやり過ぎは髪の毛に必要な脂分まで落としてしまうので禁物です。それでなくても、ただでさえ日焼けした頭皮ですから、優しく丁寧に洗い上げることが大切です。紫外線でダメージを受けた頭皮は非常にデリケートで、間違ったケア方法は逆に頭皮や髪の毛を傷めることにもなりかねません。

このように、自分自身の心がけ一つで、毎日の生活に取り入れるようにしてできる対策はたくさんあります。それ以外にも、どのような対策が今の自分の頭皮の状態に最も合っているのか、またどのようなヘアケア商品を選べばよいのか等、専門家に相談するのも一つの方法です。

髪の毛に関する紫外線対策も、顔や肌と同様に念入りに、そして手遅れにならないよう早い段階で行うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です