若ハゲの治療を受けられる医療機関と今日からできるセルフケアを紹介

若ハゲの特徴とは

まだ10代20代と若いのに「最近抜け毛が目立つなぁ」という悩みを抱えていたりしませんか?若年性脱毛症、通称若ハゲは近年かなり注目されている脱毛症です。

抜け毛や薄毛というのは40代辺りからだと思っている人も多いかと思いますが、これが生活習慣や環境によって若い人でも発症する可能性が出てくるようになりました。今回はそんな人には言いづらい若ハゲに関する情報をお伝えしてきます。ここではまず若ハゲの特徴をご紹介します。

まず1つ目が老化が原因ではない点です。40代辺りの薄毛や抜け毛は髪の毛や頭皮の細胞の老化によって起こることもありますが、10代20代での抜け毛ではまずこれはあり得ません。

老化とは別の理由で、髪の毛や頭皮に問題が発生しているから抜け毛が発生しているのです。放置すれば当然ながら進行は進む一方なので、早めに対策する必要があります。

2つ目はAGA(男性型脱毛症)の可能性がある点です。これはもちろん男性限定ですが、このAGAを若くして発症させている可能性があります。このAGAが発症している場合も、早めに発見して対策を取る必要があります。こちらは改善することがほとんどなく、進行を遅らせることしかできないので早い発見が非常に重要になってきます。

3つ目は生活習慣の乱れが原因になりやすい点です。基本的にAGAも女性ホルモンの分泌がピークを迎える30代後半から40代に起こる脱毛症なので、若ハゲの原因は主にこの生活習慣の乱れと考えられています。

食生活が偏っていたり、睡眠が不十分だったり、ストレスだったりと日常の過ごし方で若ハゲになるかどうかというのはかなり変わってきます。若ハゲも脱毛症には変わりありませんが、原因によっては早期に対応する事でまた健康的な髪の毛を取り戻す事もできるので、抜け毛が気になってきたら早めに医師に相談するのがベストです。

若ハゲになりやすいのはこんな人!

それではここからは若ハゲになりやすい人の特徴をご紹介します。1つでも当てはまると若ハゲの危険性が高くなりますよ。

まず1人目は食生活が偏っている人です。友達と一緒にファーストフードを食べたり、お菓子を食べたりなどを毎日のように繰り返していませんか。若い人ですとやはりファーストフードなどでの食事の機会も多いと思いますが、脂っこいものは髪の毛の健康に良くないです。

お菓子も同様です。週1程度であれば問題ありません。問題なのはそればっかりに偏っている人です。

2人目は寝不足の人、もしくは夜更かしの人です。寝る時間が午前2時以降の人は特に若ハゲになりやすくなります。睡眠不足は自律神経の乱れを引き起こし血行不良の原因となりますが、午前2時以降になる人はさらに髪の毛の健康状態も悪くなってしまいます。

さらに寝る前にパソコンやスマホ、ゲームの光を浴びている人は熟睡できなくなってなおさら若ハゲになりやすいですよ。

3人目はストレスを溜めやすい人です。ストレスを感じていると睡眠不足の時と同じように血行不良を引き起こします。ストレスを解消する趣味や活動を持っていない人は、ストレスを発散できていない可能性が高いので特に注意が必要です。

4人目は喫煙者の人です。タバコに含まれるニコチンにも血行不良を引き起こす効果があるので、1日に吸う本数に関係なく習慣的に吸っている人は若ハゲになりやすい体を作っていることになりますよ。

5人目は過剰に飲酒している人です。少量であればお酒は血行促進効果があるので、むしろ良いのですが過剰に摂取していると問題です。アルコールを分解するアミノ酸は髪の毛の生成にも使われるので、アルコールを分解する時に使い切ってしまうと、当然ながら髪の毛を作れなくなってしまいます。

20歳になったからと言って羽目を外し過ぎないように注意しましょう。

若ハゲになりやすい人というのは分かりやすいと思います。どれも日常の生活習慣に関わっているので、1度自分の生活を見直してみましょう。

若ハゲの進行を止めたいなら専門の病院へ

若ハゲの原因には生活習慣が多く含まれるというのをこれまでにご紹介してきました。もちろん若ハゲの対策として生活習慣を見直すのは大事なことですが、それと並行して病院での診察と治療を受けることもお勧めします。

若ハゲ治療画像1

理由はいくつかありますが、特に重要なのはAGAを発症している場合です。こちらは先ほども説明したように進行を止めることはできても治すことは現在では難しいとされています。そしてその進行を遅らせる薬というのは、専門の病院でしか手に入りません。放置しても改善されることはないので、若ハゲの進行を止めたいと本気で思っているなら必ず病院へ行くようにしましょう。

しかし病院へ行くと言っても、どの科に行けばいいか分からない人もいますよね。基本的には皮膚科か美容外科ですが、薄毛治療を専門にしているクリニックが近くにあるならそちらの方が良いかもしれません。それではそれぞれでの治療の流れを簡単にご説明します。

まず皮膚科の場合は基本的に薬物の処方による治療となります。塗り薬と飲み薬と両方ありますが、そもそも皮膚科は薄毛治療を専門にしていません。病院によっては薄毛治療用の薬すらない可能性もあるので、どうしても近くに薄毛専門のクリニックがない時に行くようにしましょう。

美容外科では薬での治療よりも外科治療の方がメインになります。頭皮に必要な栄養を直接注入したり、レーザーや超音波で髪の毛の成長を促進したりと外側から薄毛を治療していく形になります。

毛髪専門クリニックならAGAに特化した治療薬も用意されていますし、抜け毛や薄毛の原因が人によって異なることも知っています。1人1人に原因をしっかりと突き止めた上で、それらに効果的な対策を考えてくれるはずです。経験豊富な医師も多いので、安心して相談してみてください。

また薄毛がどうしようもないくらいに目立つ人には植毛もお勧めです。最近では脱毛症が再発しにくい自毛植毛という植毛もあるので、近くに植毛クリニックがある場合は検討してみてください。

若ハゲの対策方法は?

若ハゲになりたくないという人は、当然ですが生活習慣を規則正しくしましょう。抜け毛や薄毛の原因として大事な生活習慣はいくつかあります。特に重要なのは食事と睡眠です。

食事はとにかくバランスよく栄養を取るようにしましょう。その中でタンパク質と亜鉛、ビタミンを少し多めに取れば髪の毛と頭皮の健康に非常に良くなります。お勧めは豆腐などの大豆食品です。

睡眠はとにかく早寝早起きを心がけましょう。午後10時から午前2時が髪の毛の成長に重要な時間帯ですので、この時間に寝れる人は必ず寝るようにしましょう。就寝1時間前にはパソコンなどの光を受けないようにできればベストです。

ストレスを溜めない、できる限りタバコを吸わない、お酒を飲まないというのももちろん若ハゲの対策になりますよ。

若ハゲ治療画像2

それから意外と思う人がいるかもしれませんが、育毛剤を使うのも対策になります。育毛剤は抜け毛が増え始めてから使う物と思うかもしれませんが、実は育毛剤のほとんどは髪の毛と頭皮の健康を正す物です。普段から利用しておけばより健康的な髪の毛と頭皮になって、抜け毛が発生しにくくなりますよ。

対策としては他には頭皮に優しいアミノ酸シャンプーを利用するとか、頭皮マッサージを行うなどがあります。若ハゲの対策は内側からする方法と外側からする方法に分けられますが、どちらも非常に多くの対策があります。どれか1つだけの対策をするよりもいくつかの対策を同時並行で行えばより効果的になります。

若ハゲになりたくないという人は早めにこれらの対策を行って、健康的な髪の毛と頭皮を手に入れて予防しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です