若ハゲは治る人と治らない人がいる?原因とおすすめの対策を紹介

治療すれば若ハゲは治るのか?

皆さんは若ハゲになって困っていませんか?若い内から格好悪い頭髪になるのは嫌だからと病院に行って診察を受けて、「脱毛症は完治しないから」と衝撃的な言葉を受けていませんか?

しかしインターネットでは生活習慣を改善したら治った、シャンプーを変えたら抜け毛が減ったなどの話を聞いてどっちが正しいのかよく分からなくなったりしませんでしたか。

実は口コミにしろ医師の方の言葉にしろ、若ハゲに関しては治るのか治らないのかがはっきりしていない部分があります。治ると公言する人もいれば、完治しないと言う人もいます。

今回は様々な口コミを参考にしながら、実際に若ハゲは治るのか治らないのかをはっきりさせようと思います。治る派の意見と治らない派の意見をきっちりと聞いた上で、果たしてどっちなのかをここで白黒つけようと思います。

若ハゲは治る派の意見

それではまずは若ハゲは治る派の意見をいくつか聞いてみましょう。

“私の周りに、学生の頃に薄毛に悩んでいた知人がいるのですが、今ではすっかりと改善しています。どうやら、当時の生活習慣などに問題があったようで、一時的なものだったようです。”

“若はげ対策として実践していることは、早寝早起きです。以前は夜中の2時や3時まで起きていましたが、かなり抜け毛の量が増えていました。22時には寝るようにすると、だんだん抜け毛の量が減ってきたのでホッとしました。”

こちらは生活習慣を見直すことで若ハゲが改善されたという意見です。睡眠で効果が表れたという人が少し多く、他には毎朝納豆を食べていたり、ストレス発散としてスポーツクラブに通ったりしたことで改善されたという意見もあります。

若ハゲ 治る

他にはシャンプーを変えたことで効果が出たという意見もあります。

“育毛シャンプーを使ってもいいですが、ラウリン酸などの強い成分が入ったシャンプーを使うのを止めて無添加のものに変えましょう。また、髪を塗れたままにしないようにしましょう。男性は髪が短いので自然乾燥をしているひとも多いと思いますが、洗いあがったらすぐに乾かさないとカビが生える場合もあるのです”

“普通の刺激の強いシャンプーを使っていれば、ますますはげが酷くなる傾向があります。そんなときにはノンシリコンタイプのシャンプーに切り替えた方がいいです。ハーブガーデンというシャンプーが良いです。”

髪の毛と頭皮の状態と言うのは抜け毛に関係していて、それが最も影響されるのはシャンプーのようですね。洗い方を見直すのも重要という意見もあります。

 

若ハゲは治らない派の意見

それでは次に治らない派の意見も聞いてみましょう。

“…自分は典型的な男性型ハゲです、そこで男性ホルモンを抑制すると言われているサプリ「ノコギリヤシ」や女性ホルモンに似ていると言われている「ざくろジュース」やイソフラボンの「豆乳」を飲んだりしていますが、かなり経済的に負担であり、正直効果があるのだろうか?と半信半疑ながら藁にもすがる思いで摂取しています、ハゲが改善したのか?と聞かれると首をかしげたくなります…”

ノコギリヤシは抜け毛対策としては注目されている成分の1つですし、大豆などに含まれる栄養素は髪の毛の健康に必要な栄養が多いので、効果が出ても良い気がしますが、この投稿者さんには効果があまり出ていないようですね。

“ネット上の情報を見ていると、フィナステリドのみの治療で劇的に生えたという話はあまりありません。読者の方からの情報でも「フィナステリドのみで試してみたけど、思ったような成果が得られないので、ミノキシジルを追加した方がいいでしょうか?」みたいな相談が何件も来ました。”

こちらはAGA治療薬にも主成分として含まれているフィナステリドの話です。フィナステリドもミノキシジルも薄毛治療では度々出てくる成分ですから、過去に薄毛に効果があった実績がないと利用しないはずです。効果が出る人と出ない人で差が出る薬なのでしょうか。

若ハゲ治る画像1

“そもそもシャンプー自体には育毛効果は無いということを知ってください。そこで、頭皮の環境を整えるためにこういったシャンプーを使うんです。”

こちらはシャンプーに育毛効果は無いという意見です。毛を生やす効果がないとなると、若ハゲにも効果がないように思えますね。治る派の方ではシャンプーを変える事で効果が期待できるという意見もあったので、真っ向から意見がぶつかっていますね。

なぜ治る派と治らない派がいるのか

さてここまでにいくつかの若ハゲや抜け毛に関する情報を口コミをメインにお届けしましたが、そもそもなぜ治る派と治らない派がいるかというと、若ハゲの理由が1つに定まっていないからです。

大別すると若ハゲは、血行不良が原因のパターンと、男性ホルモンが原因のパターンの2つに分けられます。

まず血行不良によって若ハゲが発生する流れを説明します。髪の毛も生きているので活動していく上で栄養が必要になります。その栄養は血液から送られてくるので、血行不良になると髪の毛はその活動を維持できなくなり抜け毛になってしまいます。この血行不良というのは生活習慣によって起こりやすいです。

食事の栄養バランスが悪かったり、睡眠が不十分だったり、ストレスを溜めこみ過ぎていたりする場合に血行不良は起こります。

次に男性ホルモンによって若ハゲが発生する流れを説明します。男性ホルモンの中にテストステロンという物がありますが、これが5αリダクターゼという酵素と結合することでDHT(ジヒドロテストステロン)という脱毛物質に変換されます。AGAはこのDHTによって起こる脱毛症です。

治る派と治らない派がいるのは、若ハゲに2つの原因があるからなんです。血行不良が原因の若ハゲは当然ですが生活習慣を改善して血行を良くすることで治ります。しかし男性ホルモンが原因の場合は、DHTの活動を抑制することはできてもこの脱毛物質を完全に除去する方法が今のところ見つかっていないために、治らないという人もいるわけです。

つまり若ハゲが治るか治らないかは原因によって変化するというわけです。若ハゲが治らないと言う人は、治療法を間違えているか、もしくはAGAが原因の人です。世の中には治せる若ハゲもあるので、まずは若ハゲの原因を突き止めて、その原因に合わせた対策をしていくようにしましょう。

仮に原因がAGAで治せないと言われても、その進行を食い止めることはできますし、植毛などで髪の毛を増やす技術も進化しているので、諦めずに様々な対策で健康的な頭髪を手に入れましょう。

生活習慣が原因の若ハゲにオススメの対策

ここで気になるのが、若ハゲの対策ですよね。生活習慣が原因と考えられる若ハゲにはどのように対処すればよいのでしょうか。オススメの対策は次の通りです。

食生活の改善

髪の毛は、食事などからとった栄養をもとに成長します。必要な栄養が不足すると、髪の毛の成長は滞ります。若ハゲが気になる方は、食生活を見直しましょう。

髪の毛の主成分はケラチンと呼ばれるタンパク質です。タンパク質が欠けると髪の毛を作り出せなくなるので、良質なタンパク質を摂ることが重要です。タンパク質は次の食品などに含まれています。

  • 牛肉・鶏肉・豚肉
  • 納豆
  • 豆腐

体内でタンパク質を合成するときに欠かせない栄養素が亜鉛です。また、亜鉛には抜け毛の原因を抑制する働きも示唆されています。亜鉛は次の食品などに含まれています。

  • 牡蠣
  • 豆類
  • チーズ
  • 切り干し大根

以上のほかではビタミンB群も積極的に摂りたい栄養素と考えられています。皮膚や髪の毛を健康に保つ働きなどを期待できるからです。ビタミンB群は次の食品などに含まれています。

  • 大豆(ビタミンB2)
  • 卵(ビタミンB2)
  • カツオ(ビタミンB6)
  • サバ(ビタミンB6)

以上のほかにも、摂取したい栄養素はあります。様々な食品をバランスよく食べることが重要です。

運動習慣

髪の毛の成長に必要な栄養は、頭皮の毛細血管を流れる血液により届けられます。何かしらの原因で頭皮の血行が悪くなると、栄養を届けにくくなります。頭皮の血行を改善する方法のひとつが運動です。若ハゲが気になる方は、ウォーキングやストレッチなどの運動に取り組むと良いでしょう。

睡眠

睡眠不足も若ハゲの原因になり得ます。睡眠不足になると自律神経のバランスが乱れて、血管が収縮してしまうからです。また、髪の毛の成長を支える成長ホルモンの分泌にも悪影響が及ぶといわれています。快眠のポイントは次の通りです。

  • 朝日をしっかり浴びる
  • 日中は活動的に過ごす
  • 就寝の2~3時間前に入浴する
  • 起床時間・就寝時間を統一する

シャンプー・育毛剤

頭皮環境の乱れが気になる方は、スカルプシャンプーと育毛剤を試すとよいかもしれません。製品により異なりますが、これらには頭皮の汚れを落として頭皮環境を整える働きや頭皮の血行を促進する働きなどを期待できます。シャンプーのポイントは以下の通りです。

  1. ぬるま湯でしっかり予洗いをする
  2. 適量のシャンプーを手に取り泡立ててから頭皮に塗布する
  3. 頭皮を指の腹でマッサージするように洗う
  4. ぬるま湯でしっかりすすぐ
  5. タオルドライ後、ドライヤーで乾かす

AGAが原因の若ハゲにオススメの対策

もう一つの若ハゲの原因がAGAです。AGAによる若ハゲでは、生え際や頭頂部などが局所的に薄くなります。AGAの発症頻度は日本人男性の30%。年代別の発症頻度は、20代10%、30代20%と考えられています。AGAにオススメの対策は次の通りです。

クリニックでの治療

残念ながら、生活習慣の改善やシャンプー・育毛剤などだけでAGAの進行をストップすることは出来ません。AGAが5αリダクターゼやDHTなどにより引き起こされているからです。

AGAに有効な対策がクリニックの治療です。クリニックでは、5αリダクターゼを阻害するAGA治療薬を用いた治療を受けられます。もちろん、すべての若ハゲを治せるわけではありませんが、治療の効果は客観的に認められています。現在のところ、最も信頼性の高い対策といえるでしょう。

AGAが進行していてAGA治療薬の効果を見込めない場合などは、AGAの影響を受けにくい側頭部や後頭部の髪の毛を採取して薄毛部分に移植する自毛植毛を受けることもできます。こちらの治療法も信頼性は高いと考えられています。

AGA治療を検討されている方は、中央クリニックの無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。
優秀なドクターが親身になって相談に乗ってくれます。

薄毛・AGA治療の無料カウンセリングを行なっている中央クリニックの公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です